CBCテレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「ハートロス〜虹にふれたい女たち〜」は、TBS系で10月2日(日)ひる2時より放送される。年相応の幸せな生活を続けている妻が、SNSで青年と交流することをきっかけに、忘れかけていた恋にも似た感情を抱くようになる。

名古屋の老舗味噌鍋店「深や」に嫁いだ深谷桜子(斉藤由貴)は、家庭的で優しい夫・和久(宇梶剛士)と、短大生になる娘・佑子(川島海荷)と、平凡ながらも何ひとつ不自由のない生活を送っていた。心配事といえば年頃の娘の行動くらい。彼女は地元名古屋を中心に活動するミュージシャン・シューゴ(七瀬公)の追っかけをしていたのだ。

SNSを通じて芽生える青年への恋心

娘の行動を呆れながらも見守っていた桜子だったが、シューゴなるミュージシャンはどんな人なのかと彼のSNSをのぞき、さらにSNSでやり取りを始めてしまった。親しくなっていくふたり。桜子にとっては刺激的な日々。やがてシューゴからは作詞の相談まで受けるようになり、東京で一緒に仕事をしようと持ち掛けられる。自分の子どもと同年代の男性に対する感情、それは恋なのか……桜子は戸惑いながら自分の人生について考える。

脚本は「想い出にかわるまで」「クリスマスイヴ」などの内館牧子。

10月2日(日)ひる2時より放送

「それは、ほとんど恋だった…」番組公式サイトでのキャッチコピーだ。桜子の選択は……。TBS系で10月2日(日)ひる2時より放送。

「ハートロス〜虹にふれたい女たち〜」公式サイト(http://hicbc.com/tv/heartloss/)