イメージキャラクターに石原さとみを起用した、東京メトロ“Find my Tokyo.”キャンペーンの第3弾CM「王子_季節のお便り」篇が、2016年9月30日(金)14:00より特設サイトにて、10月1日(土)よりメトロ媒体にて、10月2日(日)よりTVにて順次公開される。CMソングには、小林武史プロデュース第3弾となる“back numberと秦基博と小林武史”が歌う「reunion」が使用され、清水依与吏(back number)と秦基博はCMにも特別出演している。

自分のお気に入りの東京“my Tokyo”を見つけてもらうことで、東京をもっと好きになってもらいたいとの想いを込めたキャンペーン“Find my Tokyo.”。このたびのCMは、南北線に乗って王子を訪れた石原さとみと友達親子(水崎綾女、蓬田直史)が、社会科見学と称して、「お札と切手の博物館」で珍しいお札を発見したり、飛鳥山公園内の「紙の博物館」で紙すきでのはがき作りにチャレンジするなどし、紙で栄えてきたという王子の街の魅力を伝える内容となっている。石原が実際に手作りしたはがきや、清水依与吏(back number)、秦基博との偶然の出会いにも注目したい。

CMソングをプロデュースした小林は、楽曲「reunion」について「ちょうどリオ・オリンピック開催時が制作期間でした。日本人の活躍は素晴らしかったですが、もちろん思うようにいかなかった選手もたくさんいた訳で。そんなことの影響もあってか、今回才能豊かな二組の若いアーティストと共に、「うまくいくこと、いかないこと」のあいだで揺れる人の気持ちを、時間と(街という)場の包容力で描けたらと思いました。東京で暮らす多くの人に、共感してもらえる曲になったと思います」とコメントしている。

なお、CMの撮影は5月中旬に行われ、「紙の博物館」では石原が実際に紙すきにチャレンジ。自らデコレーションしたはがきは、仕上げ段階での小さな失敗も味のひとつとして、そのままの状態でCMに登場しているそう。また石原は、西ヶ原の「旧古河邸」で洋館に隠された“りんご”を一生懸命に探しながら、子供ができたら…と将来の夢を語り、赤羽岩淵でのチャレンジでは、30種もの熱々のおでんを目の前に、ふーふーしながら美味しそうに食べていたとのこと。

現在、“Find my Tokyo.”の公式サイトでは、地上波でオンエアされる30秒篇・15秒篇にはないシーンを満載したWEB限定60秒CMや、前述の紙すきや洋館、おでん屋でのエピソードなど、ここでしか見られない、石原による様々な“チャレンジ”ムービー、より詳しいスポット情報なども紹介されているので、気になる人はチェックをお忘れなく。

■Find my Tokyo.公式サイト

www.findmy.tokyo