注目の脚本家・足立紳の監督デビュー作、映画『14(じゅうし)の夜』が12月24日(土)より全国公開されるのにともない、予告編が解禁された。

本作は、『百円の恋』で松田優作賞グランプリ、菊島隆三賞、そして日 本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得し、映画『お盆の弟』、TVドラマ『佐知とマユ』の脚本で も数々の賞を受賞するなど、今最も注目の脚本家・足立紳の監督デビュー作品として注目を集める話題作。また第29回東京国際映画祭において日本映画スプラッシュ部門に出品が決定した事が発表された。

「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、1980年代の田舎町のレンタルショップが舞台。性にざわめき、やがて冒険に出る中学生男子たちの悶々とした思いを描いている。情けなくも愛すべき“性春”を通じて成長していく少年たちの姿は、名作『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせるはず……!? 既に話題沸騰中、人気ロックバンド・キュウソネコカミの主題歌に乗せて送る“ちょっぴりイカくさい『スタンド・バイ・ミー』”こと映画『14の夜』。

今回解禁となる予告編では主人公である中学生・タカシとその同級生たちの日常や、一生忘れられない一夜の様子が描かれていて、日常から逃げだしてしまいたい14歳男子のモヤモヤが共感を呼ぶ。また、冒頭のセクシーな胸元と「やれよ!揉めよ!オラ、来いよ!!」と凄むの印象的な、タカシの幼馴染み・メグミ(SUPER☆GIRLS 浅川梨奈)の、愛らしい顔とは正反対のドヤンキーっぷりにも注目だ。

■ストーリー

主人公・タカシ(犬飼直紀)ら4人の中学生男子は未だ見ぬ生おっぱいにロマンを抱き、セックスへ妄想を募らせる日々を送っていた。
今日の部活は、“AV女優のよくしまる今日子が、地元のレンタルビデオ店にサイン会で来るらしい。そして12時過ぎたらオッパイ吸えるかもしれない……”という噂でもちきり。タカシは「姉(門脇麦)が婚約者(和田正人)を連れて来るから」と一度は断るも、食事の席で父親のダメっぷりに嫌気がさし、思わず家を飛び出す。真夜中によくしまる今日子のオッパイを目指し自転車を走らせるが、その先にはさまざまな困難が待ち受けていた…

■14(じゅうし)の夜

12月24日(土)新宿テアトル他全国公開

出演者:犬飼直紀、濱田マリ、門脇麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GIRLS)、健太郎、青木柚、中島来星、河口瑛将、稲川実代子、後藤ユウミ、駒木根隆介、内田慈、坂田聡、宇野祥平、ガダルカナル・タカ/光石研
監督・脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:キュウソネコカミ「わかってんだよ」

公式twitter:@14_noyoru
公式HP:http://14-noyoru.com/

映画『14の夜』 予告編

https://www.youtube.com/watch?v=xEvRhQJ7y0c