日本一撮られない男・福山雅治がパパラッチ役を熱演し、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督との初タッグで挑む映画『SCOOP!』のシナリオノベルズが、映画公開初日の10月1日に刊行される。

公開間近の映画『SCOOP!』は、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語。1985年に製作された伝説の映画、盗写1/250秒』(原田眞人監督・脚本)が原作となっている。

福山雅治が演じるのは、数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマンでありながら、過去のある事件をきっかけに報道写真への情熱を失い、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した男。そんな彼とコンビを組む新人記者役に二階堂ふみ。さらに、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキーら豪華キャストが共演している。”2016年最もスキャンダラスでスリリングなエンタテインメント大作”との呼び声も高い。

そんな注目映画のシナリオノベルズでは、監督・脚本を手掛けた大根仁と、『SCOOP!』の原作となった映画『盗写1/250秒』(1985年公開)の脚本・監督を手掛けた原田眞人氏による対談を収録。二人の監督が、それぞれが伝えたかった世界観を激白している。

また、大根仁監督によるコラムも充実。写真週刊誌を題材にした理由や、映画の根底に流れるテーマ、撮影に使われた道具などを紹介している。

観る前に読んでも、観てから読んでも、映画『SCOOP!』がさらに面白くなる1冊だ。

■著者プロフィール

大根 仁(おおね・ひとし)
1968年12月28日、東京都生まれ。『週刊真木よう子』、『湯けむりスナイパー』シリーズ、『モテキ』、『リバースエッジ大川端探偵社』など、深夜ドラマの演出でその手腕を発揮し、話題作を次々送り出している。‘12年、劇場版『モテキ』で、映画監督デビューし、第35回日本アカデミー賞、話題賞・優秀作品部門を受賞。‘15年公開の映画『バクマン。』で、第39回日本アカデミー賞 優秀監督賞、第25回日本映画批評家大賞 監督賞を受賞。

■『シナリオノベルズ THE MOVIE SCOOP!』

著者:大根 仁
発売:2016年10月1日
価格:本体1,600円(+税)
体裁:A5判/240ページ