昨年芸能生活30周年を迎えた哀川翔が、節目の年を記念して、”哀川流”の考え方を記した本『ブレずに生きれば道は拓ける! 一翔両断!!』を上梓した。

男気あふれる言動で“芸能界のアニキ”と呼ばれ、俳優、タレント、歌手、レーシング・ドライバーとして、幅広く活躍している哀川翔。

そんな彼が発表した芸能生活30周年記念本は、「仕事」「男と女」「子育て」「遊び」など、人生において迷に陥りがちな各項目別に章立てし、それぞれに対する哀川流の考えを紹介したものだ。

ブレずに真っすぐ人生を歩んできた哀川だからこそ言える数々の言葉は、まさに名言のオンパレード。優しさに裏づけられた男気に、共感をおぼえ、勇気をもらい、ハッとさせられるはずだ。迷いから抜け出すきっかけにも、なってくれるかもしれない。

また、高橋伴明、YOU、中野英雄、勝俣州和ら、ゆかりの深い人々からのスペシャルメッセージなども収録されており、哀川翔の人柄や、浮き沈みの激しい芸能界を30年間生き抜いてきた強さの理由がうかがい知れる一冊となっている。

■著者プロフィール

哀川翔(あいかわ・しょう)
1961年生まれ。鹿児島県出身。柳葉敏郎らとともに、路上パフォーマンスグループ”一世風靡セピア”で注目を浴び、「前略、道の上より」でレコード・デビュー。その後俳優としても活躍する。90年には、その存在感と演技力を高橋伴明監督に見込まれ、Vシネマの主演に抜擢される。『Vシネの帝王』との異名をとり、新分野を作り出した。これまでに、100本以上の作品に主演している。現在、NHK大河「真田丸」に、真田信繁の盟友・後藤又兵衛役で出演中。

■『ブレずに生きれば道は拓ける! 一翔両断!!』

著者:哀川翔
発売:2016年9月23日
価格:本体1,500円(+税)