アメリカを代表する俳優、レオナルド・ディカプリオ。出演した『ロミオ&ジュリエット』を観た方から、彼のかっこよさや作品の内容を高く評価する声は多い。若き日の美しきレオ様がロミオを演じる『ロミオ&ジュリエット』とは一体、どのような映画なのか。

有名戯曲を現代版にアレンジした作品

『ロミオ&ジュリエット』は、ブラジルで撮影された後、1996年にアメリカで公開された映画である。レオナルド・ディカプリオやクレア・デーンズらが出演。シェイクスピアの名作戯曲である『ロミオとジュリエット』を原作としており、それを現代版のラブストーリーに置き換えて制作された。作品に登場するモンタギュー家とキャピレット家は2大マフィアに設定を変更。大胆なアレンジも見どころのひとつだ。

敵対する両家に生まれた2人の恋愛の行く末は

舞台は1996年のイタリア。マフィアの2大勢力であるモンタギュー家とキャピレット家は、長きにわたって争い続けていた。ある日の夜、キャピレット家で開かれた仮装パーティに親友と共にこっそり訪れたのは、モンタギュー家のロミオ。彼は、ある女性への片想いに悩んでいた。そんな中パーティで知り合ったのは、キャピレット家のジュリエット。彼女を一目見て恋に落ちたロミオは、告白をしてOKをもらう。実は、ジュリエットも婚約者を父に決められたことに悩んでいたのだ。想いが叶い恋仲になった2人だったが、この時はまだ、お互いの家が敵対関係にあることを知らなかった。2人の関係をロミオから聞かされた神父は、2人の結婚を機に争いがなくなるのではと思い、教会にて結婚式を執り行う。果たして、その後の2人の未来にあるのは幸せ溢れる生活か、それとも…

映画の魅力はディカプリオか、はたまた構成内容か

この作品の最大の魅力は、やはりディカプリオの演技力だろう。当時はまだ22歳だったものの、片想いに苦悩する辛さからジュリエットへの想いが叶った際の嬉しさまで、感情を演じる振り幅の大きさには非常に感服させられる。ジュリエット役を演じるデーンズも、愛らしく若々しい。そして、何といってもロミオとジュリエットの華麗さと儚さが、この映画をより魅力的にしている。また、恋に溺れた2人を表しているかのような水を使ったシーンも印象的だ。さらに、ロミオとジュリエットが2人で語る場面で原作通りの台詞を用いている点が、作品に深みを持たせている。

若者の純粋な愛を描いた『ロミオ&ジュリエット』。観て損はない名作であるため、ぜひおすすめしたい。現在music.jpでは映画ポイント1000分をプレゼント中、『ロミオ&ジュリエット』もその対象となっている。また、ディカプリオがオスカーを受賞した記念すべき作品『レヴェナント:蘇えりし者』も配信が開始されたのであわせてチェックしてほしい。

キャンペーン概要

music.jpプレミアムコース会員登録で映画が観られる映画ポイントが1000円分(1000ポイント)貰えるキャンペーンを実施中。
プレミアムコースへログイン頂いた状態でmusic.jpにアクセスすると映画ポイントが加算されます。