東野圭吾原作の同名小説をもとに制作された映画『手紙』。山田孝之や玉山鉄二、沢尻エリカなど豪華メンバーが集結したこの作品は、一度観た方の心に深く残る映画として話題を集めました。『手紙』とは何か、そのあらすじや魅力に迫ります。

犯罪をテーマとした感動の社会派作品

2006年に全国公開された映画『手紙』。身内が犯してしまった罪により加害者の家族となった1人の男と、その家族に起こるできごとや複雑な心情が描かれた作品です。映画では内容のところどころが原作とは異なっている点が特徴的と言えます。殺人犯の弟・直貴を山田孝之、殺人犯・剛志を玉山鉄二と現在放送中のドラマにも出演中の2人が熱演、直貴の支えとなる由美子を沢尻エリカが演じます。

加害者家族が直面する現実の厳しさ

川崎の工場に勤める直貴は、周りの人間と距離を取りつつ生活する日々。それは、兄の剛志が強盗殺人を犯して刑務所に服役しているためでした。剛志は直貴を大学に通わせるため学費を盗みに住宅に侵入した際、住民を殺害してしまったのです。服役中の兄と手紙のやり取りを続けていた直貴の夢は、親友とコンビを組んでお笑い芸人になること。食堂スタッフの由美子も、目標のために頑張る直貴の姿を見て徐々に彼の世話を焼くようになります。やがて仕事やプライベートともに充実した日々を送る直貴でしたが、犯罪者の弟であるとの噂がネット上で広まり、周囲の環境は次第に変化していきます。加害者の家族というレッテルを貼られた直貴が行きつく物語の結末とは一体。

犯罪者の弟に焦点を当てた『手紙』の魅力

とても感動した、内容の重さを引きずるなど、さまざまなとらえ方をされる今作品。これが、『手紙』がもつ魅力と言えるのではないでしょうか。何よりも、『手紙』は加害者の家族の視点に立って話が進んでいく、あまり類を見ない作品です。血縁関係にある者が罪を犯した日から、突如犯罪者の弟として生きていかなければならなくなった直貴。罪人である剛志との関係や、周囲から向けられる侮蔑や冷たさとの葛藤など。犯罪者家族への差別がどのようなものかを考えさせられる映画です。また、内容が細かく作り込まれているために、より現実味を帯びた作品になっている点も、魅力として挙げられます。

加害者家族と周囲の変化を描いた、非常に重いとも言えるテーマで深く印象に残る『手紙』。music.jpで開催中のクーポンキャンペーンには『手紙』も含まれています。傑作とも言われるこの映画に興味をもたれた方は、この機会にぜひご覧ください。

キャンペーン概要

新作映画・話題の映画をmusic.jpプレミアムコースのお客様へ5本プレゼントします。
更に今なら映画が観られる映画ポイントが1000円分(1000ポイント)貰えるキャンペーンも同時開催。
プレミアムコースへログイン頂いた状態でmusic.jpにアクセスすると映画ポイントが加算されます。