アメリカで爆発的な人気を記録しているドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』。病院を舞台に繰り広げる人間関係や恋物語を描いた、感動あり、笑いありのハートフルな作品です。次回が気になる話の展開やキャストの魅力に迫ってみましょう。

真面目に恋する敏腕ドクターたちのメディカル・ラブコメディ

舞台になるのはシアトル・グレース病院。本物さながらのリアルな手術シーンを取り入れた、注目のシットコムシリーズです。時には人間の生死に関わる重大な場面にも直面する、そんな過酷な状況に立ち向かう葛藤や孤独、友情や恋心を繊細なタッチで描いています。メレディス・グレイはストーリー展開の中心となる人物。医療現場で彼女を囲むドクターたちのそれぞれの立場、プライベートな事情などが複雑に交差していきます。シリアスな場面とは裏腹に笑いのこぼれるコミカルなカットもこのドラマのアクセントになっています。仕事も恋も妥協はしない!命を救う現場に生きるドクターの姿と、さまざまな恋愛の形に翻弄されるキャストの演技に注目です。

セクシー度ナンバーワンの脳外科医デレク・シェパードに釘付け!

『グレース・アナトミー 恋の解剖学』で彗星のごとく登場した俳優がパトリック・デンプシーです。ドラマの中では、危険な香りのする色男、腕の良い脳外科医のデレク・シェパードを演じています。主人公のメレディスの恋の相手役として、また仕事では頼れるパートナーとして人気沸騰中です。シーズン1ではメレディスとワン・ナイト・スタンドの関係になるも家に入りびたりの状態になります。しかし、デレクは妻のいる身。シーズン2ではデレク、メレディス、そしてデレクの妻とのラブトライアングルにハラハラ。恋愛に正直でもありちょっぴりだらしないデレクですが、医療の現場では度胸のある判断を下す責任感あるドクターでもあるので、そのギャップに心ときめく人も多いでしょう。

メレディスの辿る苦難の道 希望の光

このドラマの核でもある職場恋愛。メレディスとデレクの禁断の愛のうわさは仲間のインターンたちに広がり、複雑な嫉妬の感情へと結びついていきます。そんな逆境の中、少しずつ状況を受け入れながら前に進んでいく2人と仲間たち。メレディスはデレクとの子供を授かりますが、手術の執刀中に流産してしまいます。シーズンごとに降りかかる事件、困難、出会い、別れ、院内感染、仲間の病気、死などを経験しながらも救う命は増えていき、医者として立派に成長していきます。

現在シーズン11まで終了した『グレイズアナトミー恋の解剖学』。デレクや家族、仲間たちとの関係にも注目しながら、1エピソードたりとも見逃せません。秋の夜長にぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか。