秋元康による企画監修のもと、明日のスター・ディレクターを育成していく番組「EXD44」[テレビ朝日系 深夜0:15〜0:45(※一部地域を除く)]の2016年10月3日(月)放送分では、2008年の「M-1グランプリ」王者であるNON STYLEの石田明が、先輩芸人の漫才に、なんとリアルダメ出しを行う。番組史上最も収録現場がピりついたという禁断の企画の内容とは?

同番組では、テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から秋元が選抜したメンバー“EXD44”が映像コンテンツを制作。レギュラー出演者であるバカリズム、YOU、スタジオゲストの寸評や、放送終了後に行われる動画配信での視聴者の意見・アドバイスなどを受け、厳しい環境の下で切磋琢磨していく様子が放送される。

このたびの企画「石田よ! 俺たちのネタ どこが悪いか教えてくれ!」は、芸人たちからも“ネタ作り人”と一目置かれているNON STYLE・石田明が、元暴走族芸人バッドボーイズ、業界イチ(?)怖いと恐れられている東京ダイナマイト、格闘家を目指したこともある平子擁するアルコ&ピースの3組が客前で披露する本気漫才を別室でモニタリングし、その後、本人たちを前に痛烈なダメ出しを行うというもの。

石田は、「ネタの最後のパートがやっていて一番気持ちがいい」と話すバッドボーイズのネタ作り担当・清人に、「漫才っていうのは所詮娯楽なんで、自分がドヤ顔で出すなんてどうでもいい」とバッサリ。また、「お前の言っていることは“教科書”の範囲内」「NON STYLEの漫才は同業者からしたら台本が見えてくる」と話す東京ダイナマイト・ハチミツ二郎には、「漫才はあくまで観客に向けるもの」と真っ向から反論する。

さらに「自分が面白いと思っているネタを泥臭く提示するのは魅力的だと思う」と語るアルコ&ピース・平子には「それはただのキレイごとでしかない」と一刀両断し、ついには「劇場に出ているすべての先輩芸人全員に言いたい!何をスカして漫才やってんねん!」と、全ての先輩芸人に対する強烈なダメ出し発言が飛び出す。

そんな過激な発言の数々に現場の空気はどんどん張り詰め、かつてないほどピリついた雰囲気になるも、ノンスタ石田のダメ出しは止まらない。そして、今年がM-1ラストイヤーとなる東京ダイナマイトのハチミツ二郎から「俺たち、M-1グランプリ獲れると思う?」と聞かれ、石田はとんでもない一言を…!? 後輩・石田と先輩たちの“包み隠さぬ本音の応酬”に注目したい。

■EXD44|テレビ朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/exd44/