au“三太郎”シリーズの新CM「本当のスター」篇が10月1日(土)より放映開始された。今作では、誰もが認めるスターになった桃太郎(松田翔太)が、自分を強く大きくしてくれた、浦島太郎(桐谷健太)、金太郎(濱田岳)との幼い頃の光景を思い出す、というストーリー展開になっている。

このたびの新CMは、桃太郎の家で、幼少期の思い出話に花を咲かせる場面から始まる。かぐや姫(有村架純)が「桃ちゃんて、昔は泣き虫だったんだ〜」と切り出すと、桃太郎は「金ちゃんより小さかったしね」と振り返る。今は鬼退治をしてすっかりスターになった桃太郎だが、幼い頃は弱虫だった。
幼少期の回想シーンでは、浦島太郎と金太郎にサポートされて、桃太郎は特訓に励んでいる。回想シーンが終わって「2人こそ、おれのスターだったよ……」と桃太郎が言うと、浦島太郎も金太郎も照れながらも大喜び。そんな3人を交互に見て、かぐや姫が「何これ?」と呆れる様子が笑いを誘う。
いつものコミカルな掛け合いの中に、ほろりとする場面を盛りこんだ、笑いあり、感動ありのストーリーで、三太郎の長いつきあいの歴史を通じて、『au STAR』の“長くつきあうとイイコト”というメッセージが表現されている。

回想シーンの撮影は豪雨の中決行され、降っている豪雨はすべて本物とのこと。おかげで三太郎シリーズではかつてないスポ根系ど根性映像に仕上がっている。

なお、新CMはスペシャルサイトならびにau公式YouTubeチャンネルにて公開されているので、気になる人はぜひチェックしてほしい。

■TVCM │ au「本当のスター」篇

https://youtu.be/GymDryD3lQI

■TVCM | au(PC)

http://www.au.kddi.com/pr/3taro

■TVCM | au(スマートフォン)

http://www.au.kddi.com/pr/3taro/sp