HKT48チームKIVの副キャプテン、そして、AKB48チームAのメンバーとして活躍中の宮脇咲良が、単独で、西部ガスの家庭用燃料電池「エネファーム」と「ガスファンヒーター」の新CMイメージキャラクターに起用された。

今年6月に行われた『AKB48 45thシングル選抜総選挙』で自己最高の6位を獲得し、選抜メンバー入りを果たした宮脇咲良。

彼女が単独で出演するCMは、「エネファーム」の”環境性”と”先進性”を表現しており、10月4日(火)から、福岡・長崎・熊本にて放映される。さわやかなブルー系の衣装に身を包み、”未来の扉”を開いて前に進む宮脇の姿が印象的だ。10月17日には、「ガスファンヒーター」のCMの放送も開始の予定。こちらは、宮脇の仕草に注目してほしいとのこと。

早朝からの撮影にもかかわらず、撮影中の宮脇は終始笑顔。監督も思わず「かわいい。OK!」と言ってしまうほどだったという。

西部ガスの特設サイトでは、10月4日から、このCMのほかに、メイキング・ムービーも公開される予定だ。宮脇が「エネファーム」の話を真剣に聞く姿や、セリフを一生懸命覚える姿など、撮影の裏側をチェックすることができる。

HKT48の活動拠点で放映されるCMへの出演について、宮脇は次のようにコメントしている。

●宮脇咲良 コメント

皆さんこんにちは。この度、西部ガスさんのイメージキャラクターを務めさせていただくことになりました、HKT48の宮脇咲良です。昔からよく知っている西部ガスさんのCMに出演することになって、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです! イメージアップに貢献できるように頑張っていきます! これからもよろしくお願いします。

■西部ガス特設サイト

http://www.saibugas.co.jp/home/sakura_cp/