小学生時代からファッションモデルとして数多くの雑誌に登場している小松菜奈。女優としても2014年の映画『渇き』で鮮烈なスクリーンデビューを飾り、その後も数多くの作品で快進撃を続けています。特に漫画原作の実写映画作品への出演が多く、「溺れるナイフ」「ジョジョの奇妙な冒険」などへ出演が決定しています。そんな小松菜奈の魅力に迫っていきましょう。

小松菜奈の経歴

小学生時代からファッションモデルとして活動している小松菜奈。多い月には書店に並ぶほとんどの雑誌の表紙を飾ることもあり、その透明感のある小悪魔的な魅力に、男女問わず釘づけになる人が続出中です。
2014年から本格的に女優としても活動し始め、映画『渇き』では、ほぼ女優デビュー作ながら名優・役所広司と渡り合う熱演を披露。それからコンスタントに映画に出演し続け、今では映画界に欠かせない女優へと成長しました。
また、2017年にはマーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙/サイレンス」でハリウッドデビューも予定しています。

学園禁断ラブコメディーに初挑戦!映画『近キョリ恋愛』

主演はジャニーズの山下智久です。みきもと凛の同名漫画を実写化したもので、興収1億円突破のヒットを記録しました。
成績優秀だがクールビューティーで感情を表に出すことのない女子高生・枢木ゆにと彼女の臨時担任である櫻井ハルカとの禁断の恋を描いた学園ラブコメディーです。
小松は本作で漫画の実写化に初挑戦し、ゆに役を演じました。
最初はハルカに警戒心剥き出しのゆにが徐々に恋をして、慌てたり照れたりする様子を、小松が表情豊かに演じています。
映画と連動してハルカの過去を描いたドラマも放送されたので、併せてご覧ください。

主人公が憧れる天使のようなヒロインを演じた映画『バクマン。』

主演は佐藤健と神木隆之介のW主演です。累計1500万部を突破した大場つぐみと小畑健コンビの同名漫画を実写映画化。漫画家を目指す真城最高と高木秋人が『週刊少年ジャンプ』での連載を目標に上り詰めていく様を、CGなどをフル活用し躍動感たっぷりに描いた作品です。
小松は作中唯一の女性キャラクターとなる亜豆美保役で出演。不思議系の美少女ながら、声優を目指して高校を中退し夢を追いかけるなど芯の強い亜豆を演じました。
主人公の一人、最高の憧れの女性キャラというだけあって、作中、小松の登場シーンは髪がふわりと揺れ光が差し込み、その姿はまさに地上に舞い降りた天使そのもの!100%ヒロインだ!とSNSなどで話題になりました。声優役なのでアニメキャラのコスプレ姿も必見です! 

ドS男子に振り回される姿が可愛すぎる、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』

主演はジャニーズの中島健人です。「別冊フレンド」にて連載中のマキノによる同名漫画を実写映画化。
地味で冴えない高校生活から一転、転校先で高校デビューならぬ“転校デビュー”を夢見ていた赤羽由宇。しかし、転校初日にあるハプニングから学園の黒王子こと黒崎晴人に目を付けられてしまいます。黒王子の親友の白王子こと白河タクミにも優しく迫られ、波乱万丈の三角関係に! 
小松はヒロインの由宇を演じています。黒崎くん役は中島健人、タクミ役は千葉雄大が演じていて、正反対の二人からのアプローチに女性はキュンキュンしちゃうこと間違いなし!黒崎くんのドSっぷりに振り回され、あたふたする由宇を小松がキュートに演じています。
壁ドン、床ドン、顎クイなんでもありのエロキュンラブストーリーです。

ジョージ朝倉の人気漫画を実写化!映画『溺れるナイフ』

菅田将暉、小松菜奈のW主演で「このマンガがすごい」(オンナ編)にランクインしたジョージ朝倉の伝説的コミックが待望の実写映画化作品として11月5日に公開されます。
15歳の夏。東京でモデル活動をしていた望月夏芽は、親の都合で東京から遠く離れた浮雲町へ引っ越すことに。山と海以外何もないこの町で鬱屈した毎日を送ることになるのかと落ち込む夏芽でしたが、町の地主の息子の長谷川航一郎と出会い、夏芽の止まっていた時間が動き出します。
地主の息子のプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも金髪に染めた髪と突飛な行動で、周囲から一目置かれていたコウ。目立つ外見や出身の違いから周囲に溶け込めず浮いた存在だった夏芽。二人の出会いは運命でした。
十代ならではのヒリヒリした感情と破裂寸前の心を限界まで描き切った青春映画です。
コウを菅田将暉、夏芽を小松菜奈、コウの親友・大友をジャニーズWESTの重岡大毅、夏芽の友人を上白石萌音と、今でしかできない最旬なキャスティングが実現。自分と自分の周り全部が絶対だと信じて疑わなかったあの頃の気持ちを思い出させてくれる作品です。

いかがでしたか?今回は、小松菜奈の漫画の実写化作品を4タイトルご紹介しました。どんな作品にも染まることのできる透明な存在感と力強い演技力を持つ小松菜奈。ある時は小悪魔、ある時は天使、作品ごとに毎回新しい表情を見せてくれる彼女から今後も目が離せませんね。