武井咲主演、NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」。10月8日(土)午後6時10分に放送される第3話では、きよは縁談話の延期を画策する一方、十郎左衛門は結婚話を進められない。そんなおり長矩が朝廷からの使いを接待する勅使饗応役に任命される。

赤穂藩浅野家藩主の長矩は、殿中で吉良上野介に対して刃傷沙汰を起こし、即日切腹、浅野家は断絶となった。一方の吉良は何のお咎めもなし。これに不満を抱いた藩の浪士たち47人が吉良邸へ討ち入り、本懐を遂げる。忠臣蔵として知られる赤穂浪士の討ち入り事件である。その事件の陰で、ひとりの女性が48人目の忠臣として活動していた??。

第2話では、十郎左衛門がきよにプロポーズする一方、きよには別の縁談話が持ち上がっていた。ふたりはその危機にどう対処するのか!?

浅野内匠頭長矩が、因縁の相手吉良上野介と出会う

きよ(武井咲)は、突如持ち上がった縁談に対し、彼女が仕える阿久利(田中麗奈)に頼んで、引き延ばしていてもらうことにした。もちろんその理由を正直に言うわけにはいかず、咄嗟に口をついて出た方便を理由にした。罪悪感を感じつつ、きよの願いを聞き入れてくれた阿久利に心から尽くしたいと願う。一方、十郎左衛門(福士誠治)は内匠頭長矩(今井翼)に、きよとの結婚を言い出せないでいる。そんなおり、内匠頭が朝廷からの使いを接待する勅使饗応役に任命される。指南役は吉良上野介だった。

第3話は、10月8日(土)午後6時10分より放送

いよいよ内匠頭と吉良上野介が出会うことに。第3話はNHK総合で10月8日(土)午後6時10分より放送。

NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」 公式サイト(http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/chu-koi/)