10月の金曜ロードSHOW!(10月7日よる9時放送) は、放送開始45周年のルパン三世の選りすぐり劇場版を三週連続で放送する。世代を超えて時代を超えて愛される、軽薄ダンディズム。モンキー・パンチは偉大だ。2017年2月には、スピンオフ第二弾、「血煙の石川五ェ門」も公開される。期待高まる第一週目は、ルパンファンもコナンファンも満足保証、「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」。

コナンとのコラボ作品の第二弾で、2013年に劇場公開された本作。2009年の金曜ロードShow! 特別記念作品の第一弾を継承する内容になっているのは嬉しい。
何より、両作品の登場人物、テイストすべての魅力が濃縮されている作りになっているのは、すごい、の一言。監督・亀垣一と脚本・前川淳に拍手。

あらすじチラリ

突如日本に現れたルパン三世。怪盗キッドに扮したり、盗んだ極上ダイヤをあっさり手放したり、東京下町の町中巻き込んで逃走劇を繰り広げたり、派手な活躍を見せつつもその目的がはっきりと見えてこない。ルパン捕獲にいち早く乗り込んだコナンだが、次第に背景にある大きな事件に巻き込まれていく…

キャスト

今更キャスト紹介するのが面映いくらいの大作2作である。それはそれとして、ルパン=栗田貫一、次元大介=小林清志、石川五ェ門=浪川大輔。しかし、次元とコナン(高山みなみ)がバーで話すシーンはなんだか不思議気分だ。コラボ作品でありながら、それぞれに違和感なくなじんでいる本作で、他のシーンでは感じられないこの不思議さ。おそらく放送開始からのオリジナル声優である小林清志が、比較的新しい作品の主人公(コナン)・高山みなみと「次元」として喋っているのが不思議なのだと思う。面白い。多角的に面白い。

みどころの前に、関連作品

まずは昨年30年ぶりに作られた、ルパン三世のテレビ版新シリーズを紹介したい。全24話、配信している。同じくテレビシリーズは1st seriesも全24話。驚くのは2nd series。155話まで作られている。大好きだったなあ。
そして、劇場版は18作品配信中。お気に入りの作品は配信されているだろうか。ぜひチェックしてみてほしい。

みどころ

ストーリー展開や見せ所もさることながら、キャラクターたちのそれぞれのおなじみのセリフが随所に光っていて、ファンでなくてもワクワクしてくる。例えば五ェ門が斬鉄剣を振るった後のセリフ。「今回も言ってくれたなあ!」というセリフと「え! そんなことも言うの!? もう一回言ってくれ!」みたいなセリフが混在している。こんなところにも技が見える。

そして、絵柄は3種類、ペンタッチを合わせることで絵の世界観を混ぜ合わせる工夫も面白い。
「ルパン」「コナン」そして、「ガンダム風」? それとも「ボトムズ風」だろうか?
長年のファンを感動させる、ルパンの「しびれる行動」も注目あれ。三週連続のルパン祭りの皮切りが本作だということに大きく頷ける。
ともかく。金曜ロードSHOW! お見逃しなく。

金曜ロードSHOW! 公式サイト(https://kinro.jointv.jp/)