10月5日のNHK総合「おはよう日本」で紹介され、反響を呼んでいた、門秀彦「ハンドトーク ジラファン」がAmazon 絵本・児童書カテゴリー、総合人気度ランキングそれぞれ1位を獲得(※)した。

この絵本は、主人公の人見知りで口下手の少年マールは、ある日、森で不思議な動物・ジラファンと出会う。ジラファンは言葉ではなく、身振り手振りでコミュニケーションする架空動物で、最初はとまどうマールだったが、やがて積極的にジラファンたちとハンドトークで会話をするように。そして黄色い花をさがしにでかける旅の途中、音楽や絵でコミュニケートする動物たちとの出会い、やがてマールはたくさんの友達に囲まれている自分に気づくストーリー。

言葉だけでなく、手話や絵を書いたり、音楽、料理など、コミュニケーションの可能性を無限大に表現した絵本で、著者のご両親がろうあ者で、幼少の頃から手話で会話して育った環境も、この絵本に大きく影響している。

手話のアニメ『聲の形』の公開や、アイドルがダンスに取り入れたりと、昨今手話に対する注目が集まる中、門秀彦が提唱するハンドトークは、手話をオシャレなアイコンとして表現。過去にもスターバックスコーヒーのタンブラーデザインや、BEAMSのTシャツにも採用され、若い世代からも支持を集め、NHK「おはよう日本」では今力を入れている門のワークショップの様子も紹介され、次なる展開が早くも楽しみなアーティストだ。

なお、11月3日(祝)には大門・浜松町を舞台に行われる浜祭にて「ジラファンタウン!お絵かきワークショップ in KIDS EXPO」が予定されている。みんなで絵描きをしながら架空のジラファンタウンを作り上げる機会なので、親子で体験してみてはいかがだろうか?

◯絵本情報 
「ハンドトーク ジラファン」
小学館 / Now On Sale!!
定価 \1,400(税抜)

https://www.amazon.co.jp/ハンドトーク-ジラファン-門-秀彦/dp/4097266608/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1475637188&sr=8-1&keywords=ハンドトークジラファン

◯イベント情報
10/20(木)LIVE EXHIBITION残像@渋谷HOT BUTTERED CLUB(ライブペインティング)
11/3(祝)浜祭「ジラファンタウン!お絵かきワークショップ in KIDS EXPO」(ライブペインティング&ワークショップ)

◯プロフィール
門 秀彦(かど ひでひこ)
1971年長崎県長崎市生まれ
ろうあ者(聴覚障害)の両親を持つ健聴者。
両親との手話コミュニケーションの補足として絵を描き始め、その後、独学で絵を学び、壁画、イベントや路上でライブペインティングを始める。ことばで会話することだけがコミュニケーションではないという思いから「HAND TALK」という言葉を生み出しコミュニケーションの大切さを伝えている。

◯オフィシャル
・門秀彦HP
http://www.kado4life.jp/
・ハンドトークジラファンFacebook
https://www.facebook.com/giraffant.room/

(※)Amazon絵本・児童書ランキング1位は10月5日 11:00、総合人気度ランキングは10月5日 17:30時点での順位です。
絵本の売れ筋ランキング
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/492378
本の人気度ランキング
https://www.amazon.co.jp/gp/movers-and-shakers/books