玉木宏が主演を務める、フジテレビ系列ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」。10月9日(日)よる9時から放送される第1話では、“平成版遠山の金さん”ならぬ、警察署長の遠山金志郎が、ノンキャリアのベテラン刑事・南洋三と対立しながらも、常識に囚われずに独自の手法で事件を解決してゆく。

日曜の夜に、金志郎の印籠によってスカッとして、明日への働く活力を与えてくれるドラマとなるか?
その初回をお見逃しなく!

第1話あらすじ

遠山金志郎(玉木宏)は、若くして警察署長となったキャリア組。
とはいえ、出世ばかりを考えているような人間ではなく、ひょうひょうとした変わり者で、情の厚さを持ち、救いを求める人を助けるというエリート感のない珍しいタイプの警察官。

金志郎は、北町署の署長に赴任早々、所信表明で“市民の味方”となりたいと宣言するが、現場叩き上げで金志郎より年も経験も上回る南洋三(高嶋政宏)らノンキャリアの刑事たちは、金志郎のことを認めようとはせずバカにしていた。

ある日、南や新人刑事・相川実里(瀧本美織)ら現場の捜査員は、重大事件である連続強盗殺人事件について会議をしていた。

しかし、そんな緊迫したところに金志郎はやってきて、“見過ごせない事件”があると言って協力を要請する。
それは、被害通報件数No.1の落書きの捜査だった。
通報数が多いからといって、落書きなんかに時間は割けないと、南らは協力を断るが、金志郎は現場に出ることを熱望。
街から落書きがなくなれば治安も良くなるはずと、意気揚々と落書きの現場へ向かう。
実里は金志郎の案内役を命じられ、仕方なく署を出る。

金志郎と実里の二人は、たまたま立ち寄ったお好み焼き屋さんで、4人の高校生と出会ったことで落書き犯の重要な秘密を知ることとなり…。
そして落書きにはあるメッセージが隠されていた!?

現実社会の、見過ごされる事件にならない訴えの数々

永井麗子プロデューサーはドラマへの想いを語る。
現実社会での憤りが今回の主人公・遠山金志郎を生み出したという。

永井プロデューサーは、
「ニュースでは、いじめやストーカー、DVなど被害者のサインは出ているのに事件にならないと動けない警察の実情をよく目にします。
そんないたたまれなさの中で、どんな小さなサインも見逃さず助けてくれるヒーローがいてくれたら、というところからこの企画は始まりました」と語る。

玉木宏演じる遠山金志郎は、
永井プロデューサーの求めるような
弱きを助ける市民のヒーロー、人々の心に寄り添うような“平成の遠山の金さん”なることができるだろうか?

まだ誰も観たことのない新しい刑事が誕生!?

インパクトのある遠山金志郎の名前…。
コミカルながら人情ドラマにしっかりと落とし込んでいきそうな今回のドラマ。
1話完結で、原作なしのオリジナル脚本を担当するのは、「5→9〜私に恋したお坊さん〜」などを手がけた小山正太氏。
演出は「リーガルハイ」など手がけた石川淳一監督ということもあり、まだ誰も観たことのない、新しい市民ヒーローが誕生することうけあいだ。

第1話は10月9日(日)よる9時から放送

第1話は、人情深いキャリア警察官・遠山金志郎が、事件に大きいも小さいもない、市民の味方となるという信念で通報件数NO.1の落書き犯の足取りを追うのだが…。
第1話は10月9日(日)よる9時からフジテレビ系にて放送。

玉木宏主演ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/career/index.html)