『列島警察捜査網 THE追跡』は、日本全国で発生する事件や事故について、捜査をする警察に密着しながらお送りする密着型ドキュメンタリー。10月7日(金)午後7時放送回では、「2016秋の事件簿」ということで、豪華3本立てでお送りする。

まず番組が密着したのは、愛知県警察の交通捜査課。所轄内では、夜交差点で悪質な死亡ひき逃げ事件が発生していた。現場の痕跡から、被害者は25メートルも引きずらた悲惨な事件だということが分かる。犯人の手がかりを示すものは、わずか数センチの部品だけ。だが、捜査を進めていくうちに、交通捜査課は、犯人にたどり着けるようなドライブレコーダーを入手した。捜査は解決するものと思われたが、実は犯人の車は闇ブローカーへ。80日という長い捜査の中、交通捜査課が突き止めた犯人は?

一方、広島県警察の捜査第三課は、県内で多発している連続空き巣事件を追っていた。被害件数は、100件以上。手口から、同一犯と思われ、怪しい人物を追う捜査第三課だが、果たして、全ての犯行が同一犯のものだったのか。このほか、悲惨な軽自動車とバイクの事故から原因を解明する、千葉県警察の船橋警察にも密着する。

この『列島警察捜査網 THE追跡』は、10月7日(金)午後7時よりテレビ朝日系で放送される。