白石隼也と鈴木亮平がダブル主演を務めるTBS・MBS系列ドラマ「彼岸島 Love is over」。TBSでは10月4日(火) 深夜1時28分(MBSでは10月2日(日)深夜1時50分)から放送された第3話では、彼岸島を支配するマスターヴァンパイア・雅を倒すことができるワクチンを手に入れるために吸血鬼の村へ切り込んでいった明たちだったが、圧倒的な強さを誇る邪鬼・百目を前に苦戦する。そんな時、明を助けるために現れたのは…吸血鬼となり行方不明になっていた兄・ 篤だった!

第3話ストーリー ワクチンを求めて

吸血鬼が住む彼岸島で行方不明になった兄・宮本篤(鈴木亮平)を探しに来た宮本明(白石隼也)。
丸太を武器に闘う巨漢の男・師匠(石橋蓮司/声)たちと共に、吸血鬼たちを支配するマスターヴァンパイア・雅(栗原類)を倒すことができるという501ワクチンを手に入れるため、吸血鬼の村に乗り込んでいく計画を立てた。

明は師匠と別れ、冷(佐藤めぐみ)、ユキ(桜井美南)、西山(阿部翔平)たちと、地下通路へ向かう。

西山が作った爆弾は功を奏し、吸血鬼たちを大量に爆破してゆく。
明が空を舞い吸血鬼たちをおびき寄せている間に、ユキと西山は地下通路へ向かうが、そこで西山たちは吸血鬼になってしまった、かつての仲間・ケンちゃんと再会する。

地下通路への入口には巨大な邪鬼がいたが、明たちは小さな穴を開け通路に侵入。
なんとか邪鬼から逃れることができた。

地下通路の中で、明は 冷になぜこの闘いに参加するのか? と聞くが、冷ははっきりとは自分の考えを言わずにうつむく。

地下通路を支配する不気味な邪鬼

西山とユキは地下通路の中に、赤い目が大量に描かれた壁画を見つける。
壁画の前には死んだネズミが供えられており、何かを祀っているような様子が…。
すると暗闇の中から、閉じ込められた吸血鬼が大量にやってくる。
西山がここには吸血できるものもないのに…とつぶやくが、どうやら地下のネズミを吸血しているようだった。

そんな腹を空かせた大量の吸血鬼たちが明たちの目の前に迫る!
明と冷は、吸血鬼は迷わず斬る、という信念の元次々と倒してゆく。
西山は爆弾で、ユキは弓矢で必死に吸血鬼に抵抗する。
そんな中冷は吸血鬼に両腕を掴まれ、地下通路の奥へと引き込まれてゆく…。
そして地下通路の奥には、祭壇と大きな十字架があり、冷は十字架に磔られてしまうのだった。

冷を見つけた明は、手錠を切り冷を助け出すが、間も無く背後から巨大な邪鬼・百目が出現。
邪鬼には無数の赤い目がついており、どうやら吸血鬼たちはこの邪鬼を崇めていたようだった。

明は、凶暴な邪鬼の背中にへばりついて地上戦へと持ち込んだ。
無数の目がついている邪鬼・百目は、今までの邪鬼とは違い動きもさらに俊敏で、容赦なく明に襲いかかる。
明は邪鬼に振り払われ、巨大な爪が明を引き裂こうとしたその時…!
明の目の前に篤が現れ、邪鬼を斬り明を助ける。
篤は「明早く刀を取れ! こいつに死角はない。一緒に殺るぞ!」と明に声をかけるのだった。

次回第4話(最終回)は、TBSで10月11日(火) 深夜1時43分

次回第4話(最終回)では、邪鬼に襲われ、吸血鬼になってしまった兄・ 篤に、間一髪のところで助けられた明。
明と同じくワクチンを探しているという篤に、その驚愕の理由を聞かされて…。

次回第4話(最終回)は、TBSで10月11日(火) 深夜1時43分(MBSでは10月9日(日)深夜1時24分)から放送。

「彼岸島 Love is over」 公式サイト(http://www.mbs.jp/higanjima/)