白石隼也と鈴木亮平がダブル主演を務めるTBS・MBS系列ドラマ「彼岸島 Love is over」。TBSで10月11日(火) 深夜1時43分(MBSでは10月9日(日)深夜1時24分)から放送される最終回(第4話)では、弟 ・明を助けるために、突然姿を現した兄・篤だったが、篤の目的は、実は別のところにあったようだ。一体その真の目的とは何なのか? 篤は吸血鬼になってしまっても、まだ人間の心を失っていないのか? はたまた雅の手下となり、雅の言いなりに動くのか? そんな兄・篤の心を、弟・明は呼び覚ますことができるのか? ついに迎えた最終回。そこからさらに劇場版へと続いてゆくという、壮絶な闘いの物語の結末を、ぜひお見逃しなく!

第4話(最終回)あらすじ 行方不明になった兄との再会

彼岸島を支配するマスターヴァンパイア・雅(栗原類)を倒すことができるという501ワクチンを手に入れるために、冷(佐藤めぐみ)、ユキ(桜井美南)、西山(阿部翔平)と共に、ワクチンがあるという研究施設へと向かった宮本明(白石隼也)たち。

そこで出くわした邪鬼・百目に苦戦する明の前に姿を現したのは、島で行方不明になった兄・宮本篤(鈴木亮平)だった。

篤は、明に「共に闘おう」と声をかけ、二人は強烈に屈強な邪鬼・百目を力を合わせて倒す。
兄に助けられ安堵した明だったが、篤は「お前よりも先に501ワクチンを見つける」と言い残し、間も無く姿を消してしまう。

自分を助けてくれた兄が再び敵に!?

再びユキたちと合流した明は、地下通路を抜け、501ワクチンが保存されているという研究施設へと向かう。
しかし、そこに姿を再び現したのは、兄・篤だった。
なぜ、篤がワクチンを狙うのか? その驚愕の理由が明かされ、明と篤は闘うことになり…。

最終回は、TBSで10月11日(火) 深夜1時43分より放送

邪鬼に襲われ、吸血鬼になってしまった兄・ 篤に、間一髪のところで助けられた明。
明と同じくワクチンを探しているという篤に、その驚愕の理由を聞かされて…。

最終回(第4話)は、TBSで10月11日(火) 深夜1時43分(MBSでは10月9日(日)深夜1時24分)から放送。

「彼岸島 Love is over」 公式サイト(http://www.mbs.jp/higanjima/)