「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の特番「中居正広のキンスマスペシャル」[TBS系 2016年10月7日(金)よる8時57分〜11時9分]では、3年以上続いている人気企画「金スマ社交ダンス」にて、キンタロー。&ロペス(岸英明)ペアが、2017年秋に行われる世界選手権出場をかけた戦いで見事優勝したことを受け、その過酷な道のりの全貌を緊急放送する。

「金スマ」の社交ダンス企画は、2013年2月にキンタロー。が番組ゲストで出演した際、山本匠晃TBSアナウンサーにダンスを教えたことがきっかけで、この年の7月にスタート。学生時代、全日本4位(ラテン部門)になったこともあるキンタロー。と、初心者ながら抜群のセンスを持つ山本のペアは、練習に練習を重ねアマチュアの競技会(ラテン部門)に出場、数字級と呼ばれる2級戦でデビューウインを飾った。

その後、山本は、さらなるレベルアップを図りたいという理由から、社交ダンスの別のカテゴリーへの挑戦を決意し、元乃木坂46・市來玲奈(ジュニア時代競技ダンスの全日本強化選手)とペアを結成。一方のキンタロー。は自らオーディションを行い、学生時代に競技ダンスをやっていたお笑い芸人の岸英明(通称:ロペス)という最強のパートナーを得る。

キンタロー。とロペスは、この夏、世界選手権への出場権をかけた戦いのチャンスがあることを知り、忙しいスケジュールの合間をぬって、夏前から猛練習をスタート。世界選手権における日本代表の枠は2つあるが、1組は5月に行われた選考会ですでに決定しており、日本代表になるには、残り1枠をかけて優勝するしかない…。そんな過酷な状況の中、2人は遂に日本代表の座を手にしたのだった。これは、バラエティ番組の企画としては初のことであるという。

このたびの優勝について、キンタロー。は「とても厳しい試合でした。たくさんの方の声援をもらい優勝できて、自分が見たかった景色をもう一度見ることができたことに感動してます。父と母にもこの姿見せたかったです。これからはロペスという新パートナーと日本代表として頑張っていきます」とコメント。そして、「日本代表として他の選手たちの思いも全部背負って、恥ずかしくない試合をしたいと思います。目標は来年の世界選手権で決勝の舞台に立つことです」と世界選手権への意気込みを語った。

今回の「中居正広のキンスマスペシャル」では、キンタロー。ペアが日本代表の座をかけた戦いに挑む様子、初めて語るキンタロー。の過去、亡き母のこと、そしてダンスにかける想いなどが放送される。これまでにないハイレベルなチームが集う、史上稀に見る大混戦。キンタロー。&ロペスペアの熱い戦いの全貌が気になる人はチェックをお忘れなく。

■「中居正広のキンスマスペシャル」

TBS系 2016年10月7日(金)よる8時57分〜11時9分放送

<MC>
中居正広

<パネラー>
大竹しのぶ
假屋崎省吾
室井佑月
ベック
山本匠晃(TBSアナウンサー)

番組公式サイト⇒http://www.tbs.co.jp/kinsma/