加藤剛と東山紀之、新旧の大岡越前が、BS新春時代劇「大岡越前スペシャル」[2017年1月3日(火)午後7:30〜8:43 NHK BSプレミアムで放送]で、新春にふさわしく豪華共演することが明らかになった。

かつて30年にわたり大岡忠相を演じてきた加藤剛の名奉行ぶりが今も心に残る「大岡越前」。2013年からは東山紀之が引き継ぐ形で、義をもって罪を罰し、情をもって人を裁く“大岡裁き”ぶりを披露して いる

2016年3月以来、続編が待たれていたが、大岡忠相が江戸南町奉行に就任して300年の節目となる2017年、新春スペシャルの放送が決まった。

時は八代将軍・吉宗の時代。享保の改革を支えた「大岡裁き」。
大岡越前守忠相と徳川吉宗、医師・榊原伊織という3人の男たちの友情、そして大岡家の人々・奉行所や江戸の町の仲間たちとの温もりあふれる交流を描く時代劇「大岡越前」。
厳しくも暖かい眼差しで人間を見つめる大岡越前守忠相の人情と理性を兼ね備えた名裁きは、笑いと涙、そして爽やかな感動を呼び、現代の人々の共感も得てきた。

今回、旧大岡忠相役の加藤剛のゲスト出演し、現・大岡忠相役の東山紀之と相見える。
加藤の役どころは、家老の不正を探ったことで流浪の半生を送った老骨の武士。人生の最期に白洲で人を殺したという嘘をつ加藤演じるこの武士に、嘘と承知で裁きに臨んだ忠相(東山紀之) の下す決断とは…。
秘めた思いと情けが絡み合う新旧の大岡越前の競演は見逃せない。

出演は他に、蘭方医・榊原伊織に勝村政信、忠相の妻にミムラ、忠相の両親に松原智恵子と津川雅彦、徳川吉宗には平岳大など、おなじみのレギュラーキャストたちが顔を揃える。

■BS新春時代劇「大岡越前スペシャル」

◇あらすじ
事件は冬枯れの土手下で無残な惨殺死体が発見されたことから始まる。

見物人の中に鋭い目つきで死骸を見る年老いた浪人・風間五郎左衛門(加藤剛)の姿が。遺体は羽州雁ケ沢上原の家中・勘定方の高畑六助(津田寛治)で犯人は同じ家中で最近放逐された雨宮治三郎(八嶋智人)らしい。実は治三郎は父親の仇である風間五郎左衛門を追う身であった。

五郎左衛門は23年前、主席家老の命で江戸詰め次席家老のお家の金の横領
に関する証拠をつかむため、屋敷に忍び入ったところを治三郎の父に見つかり、やむなく斬ったのだ。今回の事件に、23年前から続くお家の複雑な事情を感じる忠相(東山紀之)。するとある日突然「高畑六助を斬ったのは私だ」と五郎左衛門が現れる。

事件の真相は?そして忠相は五郎左衛門をどう裁くのか?

【放送予定】2017年1月3日(火)午後7:30~8:43 BSプレミアム
【出演】東山紀之 勝村政信 ミムラ/加藤剛/松原智恵子 平岳大 津川雅彦 ほか 【脚本】大西信行
【演出】矢田清巳

■NHKドラマトピックス
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/7000/254027.html