10月8日(土) ひる0:54 からの『よしもと新喜劇』(MBS)では、川畑泰史座長が送る「商店街は永遠に」が放送される。

川畑泰史座長が地上げ屋に扮する今回、ミッションを果たすべく大暴れするのだが、商店街に暮らす人々の絆を目の当たりにし次第に心の移り行く様を好演する。今回、島田一の介、末成由美が登場。人気の島田珠代と山田花子は、姉妹役で登場する。

【あらすじ】

とある商店街のはずれに、花屋、ラーメン屋、おもちゃ屋の3軒の店が並んでいた。花月組の川畑(川畑泰史)と新入りの諸見里(諸見里大介)は、組長(烏川耕一)から3軒の地上げを命じられる。
ラーメン屋のスープに塩を入れたり、花屋の客を脅したりするのだが、逆に感謝される。3軒は「絶対立ち退かない」決意を新たにする。

ラーメン屋のけんじ(清水けんじ)は老舗料亭の跡取り息子だったが、父に反発して家出し、ラーメン屋をやっていた。そこに、父の一の介(島田一の介)が迎えに来るが、けんじは帰ろうとしない。諸見里はけんじに同情し、ラーメン屋でアルバイトを始める始末。

花屋の裕(吉田裕)と早苗(金原早苗)夫妻は結婚を許してもらえず、駆け落ちしていた。早苗の母・由美(末成由美)が、娘の居所突き止め、迎えに来る。

おもちゃ屋の直子(今別府直之)には、花子(山田花子)のほかに家出をした娘・珠代(島田珠代)がいる。その珠代が借金を抱えて帰ってくるというトラブルが発生。

川畑はそれぞれが抱える事情を利用して、商店街から追い出そうと考えるのだが、次第に商店街の人たちの絆を目の当たりにしてしまい…。
果たして、地上げは成功するのか。

出演は、川畑泰史・島田一の介・末成由美・Mr.オクレ・山田花子・諸見里大介ほか。

この『よしもと新喜劇』は、10月8日(土) ひる0:54 〜1:54 にMBSで放送される。

公式HP
http://www.mbs.jp/shinkigeki/