10月9日(日) あさ 9:30 からの『ペットの王国 ワンだランド』は、ペットショップで売れ残った犬や猫を引き取る通称『引き取り屋』を取材、犬や猫の販売をやめたペットショップ を紹介する。

年間およそ75万匹販売される犬や猫たち。ペットショップに行けば、ショーケースに入った可愛い子犬や子猫を誰でも簡単に買うことができる。しかし、売れ残ってしまった子犬や子猫がどうなるかは知られていない。
ペット業界の問題点に迫る本を執筆した朝日新聞の太田匡彦記者は、「この問題を取材して思うのは、何でこんなに犬や猫が殺されているのか、みんな理由を考えない」と語る。

日本の法律では3年前まで、売れ残った子犬や子猫を保健所が引き取り、処分することが可能だった。しかし動物愛護法が改正され、ペットショップで販売目的だった犬や猫を保健所は引き取らなくなった。そして出現したのは通称『引き取り屋』。
売れ残ったペットたちを有料で引き取り、ビジネスをする業者なのだが、『引き取り屋』は、ペットにエサや水は与えるが、それ以上の世話はせず、病気の犬や猫がいても治療をせずに放置。狭いケージに押し込めたまま不衛生な状態で飼育。健康管理がきちんとなされていないところが多いという。
今回、太田記者の取材活動に同行。最初はテレビカメラに写ることを拒む引き取り業者だったが、太田記者の説得で顔を写さない条件で取材に応じた。自身の商売を「特に悪いとは思っていない」と罪悪感のない彼が、赤裸々に語る、『引き取り屋』ビジネスの実態を明かす。
そんな引き取り業者から犬や猫を救い出した動物愛護団体が横浜市にあった。5年前に「おーあみ避難所」を立ち上げた大網直子さん。彼女が犬や猫を救出した経緯や、現在の活動などを紹介する。

スタジオでは、ペットの引き取り業者がなくならない現状と、どうすれば劣悪な環境でのペットの飼育がなくなるかについて議論する。ペットショップで犬や猫が安易に購入できる仕組みを変えるルールづくりの必要性を指摘する。

さらに太田記者がもう一つ問題視しているのが「犬のセリ市」。犬のセリ市とは、ブリーダーが出品した子犬がオークション会場に集められ、ペットショップなどが競り落とす市のこと。「セリ自体は日本のペットビジネスのシステム上なくせないが、オークションにかけられる子犬の月齢が49日より前であることが問題」と太田記者は語る。

このような現在のペット業界の仕組みを変えるため、ペットの生体販売をやめる決断をしたペットショップが岡山市内にある。10年前にオープンした「シュシュ」。
店内の一角には成犬がショーケースに入っているが、販売目的で展示されているわけではない。店長の澤木崇さんは「これは保健所などから引き取ってきた殺処分前の保護犬たちで、新しい飼い主を探してあげている。こうした活動を去年から始めています」と語る。

殺処分対象の犬と新たな飼い主を結びつけるペットショップ「シュシュ」。2年前までは子猫と子犬の販売をし、当時年間で3000万円近くの売り上げがあったという。ビジネスとしてペット販売をしていた澤木さんが、なぜ3000万円もの売り上げを捨てるまでして、この活動を始めたのか。彼がペットを譲渡する際に決めている飼い主の条件などを紹介する。
実際に「シュシュ」で犬と出会い、新たな飼い主となった家族を取材し、澤木さんの活動への思いを紹介する。

MCは、関根勤・篠田麻里子・横尾渉(Kis-My-Ft2)。

この『ペットの王国 ワンだランド』は、10月9日(日) あさ 9:30 〜10:00、テレビ朝日系で放送される。