深田恭子が主演を務める土曜プレミアム「世にも奇妙な物語'16 秋の特別編」「捨て魔の女」。フジテレビ系列で10月8日(土)よる9時から放送されるこのドラマ。今回は、黒木メイサ、成宮寛貴、深田恭子、北村一輝らが主演を務める4篇のオムニバスドラマと1篇のショート・ショートドラマとなっている。その中の「捨て魔の女」の主演を務めるのは深田恭子。

断捨離、ミニマリストなど、物をたくさん持たない暮らしが盛り上がる昨今、なかなか捨てられない物を捨てて、何とも言えないスッキリを超えた爽快感を味わった人も多いのでは?

今回深田恭子演じる、主人公・栞は、一体何を捨てることで何が起きてゆくのか?
捨て魔となった女の世にも奇妙なストーリーをぜひお見逃しなく。

「捨て魔の女」あらすじ

もうすぐ30歳になるという、アラサー・女子アナウンサーの土岐田栞(深田恭子)。栞は、皆の憧れの職業についたものの、中堅所の年齢になったのに、未だぱっとしない自分の活躍に少し焦りを感じていた。
妹の夏希(阿部純子)には、アナウンサーは向いてないのでは? と心配され、自分でも本当にこのままで良いのだろうか、と栞は思い悩んでいた。

そんな栞の日常を変えるような出来事がある日起こる。
たまたますれ違った僧侶に、「何かを得たければ何かを捨てなければいけない」といわれた栞。
何となくその言葉が気になっていたが、一番のお気にいりのシャツが仕事中、破けてしまい大切にしていたが泣く泣く処分。
すると、その日、いきなり抽選会場で高級牛肉が当たるというラッキーが舞い込んでくる。

それからというもの、栞が何かを捨てると良い仕事が入ってくる、という不思議なことが立て続けに起こるようになる。
僧侶の言葉は本当だった!
栞は“捨て魔”となり、身の回りの大切なものをどんどん捨て始めるのだが…。

フジテレビ系列で10月8日(土)よる9時から放送

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語’16 秋の特別編」は、フジテレビ系列で10月8日(土)よる9時から放送。

世にも奇妙な物語’16 秋の特別編 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/kimyo/)