26年間、新しいこと面白いことに挑戦し続けている、フジテレビ「世にも奇妙な物語」シリーズ。今秋はシリーズ初登場の新キャストによるドラマや、Microsoftの女子高生AIりんなが女優に扮するショートドラマなども放送予定! 果たしてどのような物語が飛び出すのか? フジテレビ 土曜プレミアム「世にも奇妙な物語’16秋の特別編」は、2016年10月8日(土)よる9時から放送。

本作では、4本のオムニバスドラマ「シンクロニシティ」、「貼られる!」、「捨て魔の女」、「車中の出来事」と、1本のショートドラマ「ずっとトモダチ」の放送が予定されている。本稿では、オムニバスドラマの1つ、「貼られる!」についてご紹介!!

成宮寛貴主演「世にも奇妙な物語’16秋の特別編」「貼られる!」

「貼られる!」の主演は、「世にも奇妙な物語」シリーズ初出演の成宮寛貴。成宮寛貴は、エリートサラリーマン椎名毅 役を演じる。共演者には、半田愛奈 役、三倉茉奈、半田辰夫 役、渡辺哲など。三倉茉奈もまた本作で「世にも奇妙な物語」シリーズ初出演となる。

あらすじ

椎名毅(成宮寛貴)は銀行の一流バンカーとして活躍していた。上からは信頼され下からは頼りにされ、椎名あっての融資課といわれるほどの成績を誇る。ある日、タクシーに乗った毅は運賃がいつもより高いと運転手にたずねるとその瞬間自分の体に直に「難癖つけるクレーマー」というレッテルが貼られていることに気付く。
この日を境に周りの人間の評価がレッテルとして体に貼られるようになっただけでなく、周囲の人間が発言とは裏腹に毅を酷評していることを知り毅はがく然とする。

注目の見どころ

まず、友人や上司など周囲からの評価が抜群に良いと思っていた完璧人間のエリートサラリーマン椎名毅が、自らに貼られた本当のレッテルに気付いたとき、どうなってしまうのか。世にも奇妙なストーリーに注目!!
また、椎名毅は、他人から貼られるレッテルが見えるようになるが、通常、人には見えないレッテルをどのように表現するのか。映像表現に注目!!
そして、主演の成宮寛貴が、エリートサラリーマン椎名毅が被るであろう孤独や苦悩をどのように演じるのか。成宮寛貴の演技に注目だ!!

半田愛奈 役、三倉茉奈「先の読めない驚きとわくわくな展開のお話。面白いのでお楽しみに」

半田愛奈 役の三倉茉奈は、自身のオフィシャルブログ「三倉茉奈のマイペースで行こう!」で、成宮寛貴主演「世にも奇妙な物語’16秋の特別編」「貼られる!」に出演したことにふれ(”世にも奇妙” 2016年10月22日22:14:19)、「台本をいただいたとき、もしや愛奈(マナ)役!と思ったけど、"あいな"という読み方でした 笑」と、役名が半田愛奈(あいな)であることを明かすなど、ドラマの情報を記事にした。
また、三倉茉奈は「貼られる!」について、「先の読めない驚きとわくわくな展開のお話。面白いのでお楽しみに」と、その面白さに太鼓判を押した。

「世にも奇妙な物語’16秋の特別編」は、2016年10月8日(土)よる9時より放送

成宮寛貴主演「世にも奇妙な物語’16秋の特別編」「貼られる!」はフジテレビ系で2016年10月8日(土)よる9時より放送。

世にも奇妙な物語'16 秋の特別編 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/kimyo/)