4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向け、NHK総合が10月10日・体育の日に放送する特別番組『東京2020 12時間スペシャル→2020』。番組放送に先立ち、総合MCを務める有働由美子アナや、写真家のレスリー・キーらが登場する会見が行われた。

10月10日、“Tokyo2020を楽しもう!”を合言葉に、12時間にわたってNHKの人気番組が集結する。2020年に向けて社会はどう変わっていくのか未来を考え、1964年のオリンピック東京大会を振り返り、一流アスリートやメダリストが渋谷の街を競技場に変え、オリンピック代表監督たちが大好物ランチと知られざる本音を告白し、リオのメダリストたちが2020年への思いを語る・・・・・・などなど、興味深い企画がぎっしり詰まった、楽しくて真面目なテレソンだ。

その企画のひとつ「→2020 がつなぐポートレートメッセージ」は、日本全国の人々から、2020年に向けたそれぞれの“夢”や“目標”などのメッセージを写真とともに寄せてもらう、というもの。これを通じて前向きな気持ちを共有し、よりよい社会を築く議論のきっかけにしようという取り組みだ。今回の会見に出席したレスリー・キーは、各界の著名人のポートレートメッセージの撮影を担当。すでにNHKの特設サイトには、彼が撮った70名以上メッセージと写真が掲載されている。2020年までに何人達成となるか、注目されたい。

早朝からのスペシャル番組のグランドフィナーレは、嵐が東京オリンピック・パラリンピックをアスリートたちと全力で楽しむ体感バラエティー「嵐スタジアム」。嵐のメンバーそれぞれが、独自に取材してきた様々なテーマをプレゼンし、そのテーマに沿ったクイズやゲーム形式のコーナーを交えながら進行する、という企画だ。

会見に出席した面々は、東京2020への思いと番組への意気込みを次のように語っている。

◆中根 健(制作局 チーフプロデューサー)

各界で活躍するさまざまな人たちのポートレートを夢やメッセージとともに撮影してもらいました。この企画スタートするにあたってレスリーさんと話して、一般の方を本当は撮影してほしいと、まずはお願いしたんですけど、その前にこの企画をもっと盛り上げるためには、いろんな人を巻き込んだほうがいいんじゃないかということで、各界の著名な方々に、みんなボランティアでご協力いただいて270人の方を8月〜9月にかけて撮影させてもらいました。

◆森田 智樹(2020東京オリンピック・パラリンピック実施本部 副部長)

10日放送のテレソンは、『あさイチ』から夕方7時半からの『嵐スタジアム』まで、ほぼ12時間ほぼ生放送で東京2020に向けて華やかなキックオフを行いたいというふうに思っています。私どもがNHKとしてこの番組に最も力を注いでいるのは4年後に東京オリンピックがみんなのものになったらいいなということです。アスリートだけのものではなく、それから東京の人だけのものではなく、日本で暮らす多くの人たちすべての人たちが4年後の大会を楽しみにして、そこに向けて前向きな気持ちで取り組めるようなそういうキックオフにこの番組がなればいいなと考えています。

◆有働 由美子アナウンサー(総合MC)

ユーミンさんの曲にもありましたけど、小さいころって神様がいて、夢やら愛やら与えてくれたんですけど、大人になるとこうやって自分で書かないとかなえてくれる人もいないし、自分でかなえなきゃいけないので、2020年の4年前のいま書けるというのは、何か自分にとっていいですね。どうしてもオリンピックって、大きい物が上からふってきて、オリンピックをやらなきゃいけなくて、メディアがああだこうだ言うので、何か勝手にオリンピックが始まる気がしますけど、これ1枚書くだけで、本当に自分がオリンピックに関わっていく、あるいはオリンピックによって何かを決心できたり、夢をかけたりしますよね。

◆レスリー・キー(写真家)

今回の企画で強調したいのは、人の顔だけではなくて、実はこの文書と文字です。メッセージがキーワードのポートレートメッセージです。今回の企画は、NHK史上一番豪華な企画になるんじゃないかなと思っています。もちろん著名人の方もそうだけど、一般の方も著名人と同じ形でこの色紙を書いていただいて、さらにホームページにもずっと残る。自分がもし途中で、自分の夢を一瞬迷った時に、これを思い出したらいいなと思っています。

■『東京2020 12時間スペシャル →2020』
10月10日(月・祝)午前8時15分〜午後8時45分
NHK総合にて放送
総合MC: 武田真一アナウンサー、有働由美子アナウンサー
番組ホームページ: http://nhk.jp/tokyo2020

■ポートレートメッセージ
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/messages/

■「嵐スタジアム」
10月10日(月・祝)午後7時30分〜午後8時45分
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/topics/topics01.html