博学のビートたけしですら知らない世界のニュースを、人気プレゼンターたちが紹介していく大好評企画の第10弾『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』が、10月9日(日) よる 6:57 から放送される。

今回はインターネットで話題沸騰となった衝撃映像はもちろんのこと、スタジオ実験や検証ロケなどバラエティー豊かな企画が満載。

【やっぱりスゴい!ニュースの宝庫・中国】プレゼンター:高橋茂雄(サバンナ)

想像を超えるニュース映像が並ぶ、中国発のニュースを集めたコーナー。
今回は、中国の陸橋解体工事を取り上げる。江西省の省都、南昌市に新たに地下鉄を設置するため古い陸橋を撤去する工事。なんと116台のショベルカーを同時に稼働させ、一気に取り壊していく。その大胆すぎる工事方法を紹介。
また、わざと事故を起こして賠償金を得ようとする“当たり屋“の驚愕映像や、変わったダイエット方法など、中国の最新ニュースを紹介する。

【意外とすごいテクノロジー】プレゼンター:劇団ひとり

映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』に登場する“全自動乾燥ジャケット”が、現実世界で完成したという。本当に映画のように乾くのか…パンサー・尾形貴弘が、映画の再現に挑む。
また、特殊な電子回路ペンを使ったウェブムービーも紹介。電子回路ペン“AgIC(エージック)”は紙に線を描くだけで電気回路を作ることができる“魔法のペン”。ウェブムービーでは、インクに電気が通ることで明かりが灯り、建物やタワー、街灯などの街並みが立体的に出現していく。その実物の“魔法のペン”が、スタジオに登場。実際に使ってみる。

【思わずやってみたくなる】プレゼンター:ウエンツ瑛士

インターネット上で見つけた“思わずやってみたくなる”映像にチャレンジする。見た目は普通なのに、食べるとシュワシュワな食感がする、不思議な“炭酸フルーツ”の作り方を紹介。スタジオの出演者一同で試食する。
“ポーズキング”と呼ばれるセルビア人男性モデルをリポート。彼が30秒間で25ポーズを次々と決める動画が今、話題になっている。高速ポージングは可能なのか。雑誌『Ray』の専属モデルを務める朝日奈彩がスタジオで挑戦する。
また、ぬいぐるみと会話ができるようになるボタン型デバイスも取り上げる。このボタン型デバイス“ペチャット”は、ぬいぐるみなどに取り付けて専用のスマホアプリで操作すると、ぬいぐるみと会話が楽しめるという、おしゃべりスピーカー。突然、ぬいぐるみがしゃべりはじめたらというドッキリを、濱口優がこどもたちに仕掛ける。

【せつなすぎる○○】プレゼンター:飯尾和樹(ずん)

鼻の穴にイヤホンを入れた状態で口を開けたり閉じたりすると、まるで本物のスピーカーのように音が大きくなったり小さくなったり…。話題の動画“人間スピーカー”を紹介する。

【ちょっと面白そうな実験】プレゼンター:カンニング竹山

大好評のスタジオ企画。今回もカンニング竹山がプレゼンターとなり、インターネットで話題沸騰中の“ちょっと面白そうな実験”を紹介する。人間の声でグラスに入ったストローが立つ共鳴実験や、アートのように規則正しく動く振り子の実験などを実践していく。

MCは、ビートたけし。
プレゼンターは、飯尾和樹(ずん)・ウエンツ瑛士・カンニング竹山・劇団ひとり・陣内智則・高橋茂雄(サバンナ)・濱口 優(よゐこ)・パンサー・平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)。
ゲストは、朝比奈 彩・おのののか・米良美一・柳ゆり菜。

『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』は、10月9日(日) よる 6:57 〜 8:54 、テレビ朝日系で放送される。