10月10日(月) よる7:00 からの『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』には、杉田かおると野沢直子が登場する。

スキャンダル女優・杉田かおるがスペシャルに登壇。
ドラマ『パパと呼ばないで』に7歳で子役デビューして以来、『池中玄太80キロ』や『3年B組金八先生』など数々のドラマや映画で活躍。その後は“負け犬キャラ”としてバラエティー番組でも大ブレーク。
しかし、そんな杉田先生はスキャンダルで180回も雑誌に掲載されたことがある、“トラブル連発のスキャンダル女王”。
“自分の考えが絶対”というしくじった考えで業界や社会のルールを破りまくり、トラブル連発してしまった過去を告白。バブル崩壊の影響で借金1億、セレブ婚を果たしたものの超スピード離婚、芸能人とのガチバトル…ありとあらゆるスキャンダルをやらかした44年間の芸能生活を振り返る。

アメリカ人の夫、娘2人息子1人と共にアメリカ・サンフランシスコに暮らし、海外を拠点に活動している野沢直子が登場。米倉涼子が「大尊敬している」という天才女芸人。
1983年、20歳のときに芸能界デビュー。その後、伝説的なコント番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系)などで活躍してきた。
しかし、『夢で逢えたら』出演中の1991年、すべてのレギュラー番組を捨てて突然、海外へ。当時は「海外で勝負できる芸人になって、1〜2年で帰って来る」と話していたが、今回の授業で、実はそれは大ウソだったと告白。日本に帰って来るつもりなど、毛頭なかったと打ち明ける。共演するダウンタウン・ウッチャンナンチャン・清水ミチコに才能の違いを見せつけられたという。生まれて初めての挫折だったと語る。
なぜ突然、芸能活動を休止し、海外に飛んだのかを授業で激白する。その理由とは、「自分が一番面白い!」と勘違いした“井の中の蛙女”だったからだと野沢先生は話すのだが。年月が経った今だからこそ、ようやく話せるようになったという真相とは…。
最後は、“自分が一番だ”と勘違いしている人々に向けて、自らの挫折から学んだ人生の教訓を伝授する。

担任は、若林正恭(オードリー)。レギュラー生徒は、吉村 崇(平成ノブシコブシ)。
ゲスト生徒は、足立梨花・伊集院光・市川春猿・岡本夏美・大和田伸也・榊原郁恵・澤部 佑(ハライチ)・清水富美加・辺見えみり・舞の海秀平・米倉涼子。

この『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』は、10月10日(月) よる7:00 〜 9:48 、テレビ朝日系で放送される。

公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/