NHK連続テレビ小説 第95作「べっぴんさん」[2016年10月3日(月)〜2017年4月1日(土)放送 <全151回>]に、第91作「マッサン」でヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックスの出演が決定し、10月20日(木)の放送から登場することが明らかになった。2年ぶりの連続テレビ小説となる今作では、通訳の夫を持ち日本で暮らす婦人“エイミー・マクレガー”役を演じる。

今作では、昭和のはじめに神戸の山の手で生まれ、順風満帆な人生を送っていた手芸好きのヒロイン・すみれが、戦争で全てを失いながらも子ども服作りに没頭し、日本初の総合子ども用品店をオープンさせる、というストーリーが展開。戦後、神戸で赤ちゃんの服、子ども服を専門に開業した坂野惇子さんをモデルに、登場人物や団体を改称したフィクションとして、激動の時代を生きた女性たちの人生の物語を描いている。

10月20日(木)の放送から登場するシャーロット・ケイト・フォックス演じるエイミー・マクレガーは、通訳のジョン・マクレガーの妻。妊娠中にすみれと出会い、やがて、すみれが子供服作りを始めるきっかけをつくる役どころとなる。

シャーロットは「緊張しました。だけど顔見知りのスタッフもいて、すぐに緊張は解け、リラックスして撮影できました。また、リハーサルや撮影の最中に、『マッサン』を撮影していた時のことを思い出し、とても感慨深いものがありました」と久しぶりの朝ドラ撮影を振り返り、「芳根京子さんとのお芝居はとても新鮮でした。彼女はとても才能にあふれた女優さんだと身体で感じることができました」とヒロイン役・芳根京子の印象を語った。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の詳細ならびに最新情報が気になる人は、公式サイトを参照されたい。

■シャーロット・ケイト・フォックス コメント

まず初めに今回の『べっぴんさん』の出演オファーをいただいたことにとても感謝しております。
久しぶりの朝ドラの撮影に緊張しました。だけど顔見知りのスタッフもいて、すぐに緊張は解け、リラックスして撮影できました。
また、リハーサルや撮影の最中に、『マッサン』を撮影していた時のことを思い出し、とても感慨深いものがありました。
そして、芳根京子さんとのお芝居はとても新鮮でした。彼女はとても才能にあふれた女優さんだと身体で感じることができました。
本当に本当に楽しく活気がある現場でした。『べっぴんさん』というストーリーはとても素晴らしいドラマになると思います。
そしてこのドラマに関われたことに心より感謝しています。
Thank you so so much

Charlotte Kate Fox

■制作統括・三鬼一希チーフ・プロデューサー コメント

【起用にあたり】

『マッサン』のエリー役・シャーロットさんが、“朝ドラ”に帰って来てくれました。
『べっぴんさん』の主な舞台となる神戸は、古くから外国人の方々が多くいらっしゃった所です。
戦後、ヒロイン・すみれは子供服作りに目覚めていきます。そのきっかけを与える人物がエイミーです。
物語のエポックとなるエピソード。エイミーを演じていただける方は、シャーロット・ケイト・フォックスさん以外にないと思い、ご出演をお願いしました。そして、その思いに応えていただき、今回ご出演いただくことになりました。
新旧ヒロインの共演を、視聴者のみなさまに、ご期待いただければ幸いです。

■NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
http://www.nhk.or.jp/beppinsan/