エンタメ総合配信サイトmusic.jpの2016年9月の月間シングルランキングが発表された。注目は大ヒット中の映画『君の名は。』の関連楽曲。映画のヒットにあわせ楽曲も大ヒットとなり、軒並み上位にランクインする結果となった。

ダントツ1位はRADWIMPS「前前前世 [movie ver.]」

堂々の1位に輝いたのは、2005年にシングル「25コ目の染色体」でメジャー・デビューを果たしたロック・バンドRADWIMPSの「前前前世 [movie ver.]」だ。
この曲が主題歌に起用された映画『君の名は。』は、公開から4週間で770万人の動員と興行収100億円を記録し、現在進行形で記録を伸ばし続けているメガ・ヒット映画だ。
そこに若い世代から圧倒的な支持を受けているRADWIMPSの楽曲が使用されたことにより、さらなる相乗効果を発揮してシングルでもダントツの1位となっている。

2位は月9主題歌、JY「好きな人がいること」

2位に輝いたのは、腰振りダンスで話題を呼んだ韓国のグループKARAの元メンバーJYの「好きな人がいること」。
この楽曲はフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』の主題歌になっていた。YouTubeで公開されたミュージックビデオは、再生回数1,600万回と人気の高さがうかがえる。JY自身の体験に基づく女性のリアルな恋愛観を歌った前向きな応援ソングだ。

RADWIMPSが軒並み上位に名を連ねる

見事1位に輝いた「前前前世 [movie ver.]」に続いて3位にランクインしたのが、RADWIMPS「なんでもないや [movie ver.]」だ。
この楽曲も大ヒット映画『君の名は。』の主題歌として起用され、クライマックスにて使用されている。
また、RADWIMPSは4位に「夢灯籠」、6位に「スパークル [movie ver.]」がランクイン。この2曲も映画『君の名は。』の主題歌として起用されているため、映画人気も後押しして上位にランクインしているようだ。

安室奈美恵「Hero」は応援歌として根強い人気

5位にランクインしたのは、高いファッションセンスとカリスマ性を誇る安室奈美恵の最新曲「Hero」だ。
選手の感動的な名シーンと見事にマッチし、応援歌として人気を獲得、現在もヒット中でランキング上位をキープしている。

10位以内に4曲が見事ランクインしたRADWIMPS。この快挙がどこまで続くか非常に楽しみだ。月9ドラマ主題歌や大ヒット映画と、この夏を彩った注目トピックにまつわる曲が、9月の月間シングルランキングを賑わせる形となった。

■muisc.jp 9月度月間シングルランキングTOP10

第1位 RADWIMPS「前前前世 [movie ver.]」

※新海誠監督長編大作アニメーション映画「君の名は。」主題歌。映画劇中にも使用される。

第2位 JY「好きな人がいること」

※JY(=知英・ジヨン)が歌うフジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌。蜷川実花監督のMusic Videoは再生数爆発で話題沸騰。

第3位 RADWIMPS「なんでもないや [movie ver.]」

※作画監督安藤雅司、新海誠監督作品映画「君の名は。」主題歌4曲のうちの1曲。映画劇中ラストシーンに使用される。

第4位 RADWIMPS「夢灯籠」

※新海誠監督作品映画「君の名は。」主題歌4曲のうちの1曲。映画劇中前半に使用される。

第5位 安室奈美恵「Hero」

※「自分だけのヒーロー」、いつかは自分も「誰かのヒーロー」にと歌う応援ソング。

第6位 RADWIMPS「スパークル [movie ver.]」

※神木隆之介が声優をつとめる、新海誠監督作品映画「君の名は。」主題歌4曲のうちの1曲。映画劇中後半の盛り上がりに使用される。

第7位 西野カナ「君が好き」

※2年ぶりになる6枚目のアルバム「Just LOVE」の収録曲。「半径30cmのハピネス」(レノアハピネス)CM曲。

第8位 宇多田ヒカル「花束を君に」

※NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌。

第9位 Flower「他の誰かより悲しい恋をしただけ」

※日本テレビ系 「スッキリ!!」 9月テーマソング。Flower待望のベストアルバム「THIS IS Flower THIS IS BEST」に収録される新録曲。

第10位 BUMP OF CHICKEN「アリア」

※寺尾聰主演のTBS系日曜劇場「仰げば尊し」の主題歌。

------------------
第11位以降のランキングが気になる方はmusic.jpで確認しよう。