全国10万人の小中高校生が参加する日本最大規模の合唱コンクール「NHK全国学校音楽コンクール」(Nコン)の2017年度(第84回)の中学校の部 課題曲の作詞を秋元康、歌をAKB48が担当することが明らかになった。

同情報は、2016年10月10日(月・祝)東京・渋谷のNHKホールで行われた「第83回NHK全国学校音楽コンクール 全国コンクール 中学校の部」(Eテレ/生放送)で発表されたもの。秋元康に作詞を依頼した経緯については、彼が日本を代表する作詞家であることと、最近ではNHK連続テレビ小説の主題歌「365日の紙飛行機」が合唱曲としても子どもから大人まで人気を集めており、新しい課題曲が中学生は勿論、広く親しまれ後世に歌い継がれていく作品にしたいとの狙いがあるという。

また、「Nコン」2017年度の課題曲のテーマは“夢”に決定。このテーマには、仲間と一緒に歌いながら自分だけの“夢”と出会ってほしい、合唱を通してそれぞれの“夢”を叶える力を育んでいってほしい…そんな願いが込められているとのこと。

中学校の部 課題曲の作詞を担当する秋元康は「歌というのはその瞬間をぱーっと広げてくれる思い出の目次です。みなさんが一所懸命歌ってくださるような、みなさんの記憶に残るような、その1ページになるような歌を作りたい」、歌唱を担当するAKB48の総監督・横山由依は「私も中学生のときに合唱をやっていて、その時に歌った曲は今でも同級生が集まったときに一緒に歌ったりするほどすごく印象に残っています。来年度のテーマが“夢”、私たちもいつも夢をもって毎日、活動をしているので、私たちなりに気持ちを込めて課題曲を歌いたい」とそれぞれ意気込みを語っている。

なお、小学校の部では作家の宮下奈都、高等学校の部ではリリー・フランキーが、それぞれ課題曲の作詞を手掛けることも決定。課題曲は2017年3月に発表され、7月中旬から始まる都府県地区コンクールに向け、各学校で練習が始まる。「Nコン」の詳細ならびに続報が気になる人は、番組公式サイトのチェックをお忘れなく。

■秋元康 コメント

僕も中学校のころ合唱曲を歌った記憶があります。そのときに一緒に歌った仲間、同級生、指導してくださった先生、いろんなことを思い出します。歌というのはその瞬間をぱーっと広げてくれる思い出の目次です。みなさんが一所懸命歌ってくださるような、みなさんの記憶に残るような、その1ページになるような歌を作りたいと思います。それぞれの色が混ざり合って、みなさんだけにしか出せないような、そんな色のある歌を作りたいと思っております。お楽しみに。

■AKB48総監督・横山由依 コメント

みなさんこんにちは!AKB48の横山由依です。
今回、Nコン課題曲を、私たちAKB48が担当することになりました。本当にうれしいです!私も中学生のときに合唱をやっていて、その時に歌った曲は今でも同級生が集まったときに一緒に歌ったりするほどすごく印象に残っています。来年度のテーマが「夢」、私たちAKB48グループのメンバーもいつも夢をもって毎日、活動をしているので、私たちなりに気持ちを込めて課題曲を歌いたいと思います。

■Nコン2016 | NHK
http://www.nhk.or.jp/ncon/

■AKB48公式サイト
http://www.akb48.co.jp/