石原さとみ主演、日本テレビ系水曜ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。10月5日(水)よる10時に放送された第1話では、ファッション誌の編集者になることを夢見る主人公・河野悦子(こうの・えつこ)が、希望に反して配属された校閲部で、大御所作家が書いた小説の校閲に初チャレンジすることになった……!

超地味〜な校閲の仕事を足がかりにファッション編集部への異動を目指すスーパーポジティブな主人公・悦子は、さっそく大御所作家や担当編集者を相手に、破天荒な仕事ぶりを発揮することになったのだが……!?

目指せ、ファッション編集部!

出版社・景凡社が発行するファッション誌の編集者になることを夢見て、何年も続けて採用試験に挑んでいるスーパーポジティブな主人公・河野悦子(石原さとみ)は、ついにその念願が叶って正式採用されることになった! 大喜びする悦子だったが、なんと配属されたのは夢のファッション編集部ではなく、超地味〜な「校閲部」で……。

原稿の内容に誤りや不備な点がないかどうかを調べ、直し正すという「校閲」の仕事は、本づくりに欠かせない重要な仕事だが、悦子は心底がっかりしてしまう……。けれど、校閲部の部長・茸原渚音(岸谷五朗)から、「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」と言われ、悦子はファッション編集部への異動を目標に、校閲の仕事に励むことになるのだった!

思ったことは言わずにいられない校閲ガール・悦子

そうして、「校閲部」の一員となった悦子だったが、先輩・藤岩りおん(江口のりこ)からは細かいダメ出しばかりされ、文芸編集部の編集者・貝塚八郎(青木崇高)からは「校閲部」をバカにした横柄な態度をとられ、そのうえ、高校の後輩・森尾登代子(本田翼)がファッション編集部で働いていることまでわかって、早々に不満が爆発! 一刻も早く校閲の仕事で結果を出し、ファッション編集部へ異動したいと心に誓うのだった……。

そんななか、悦子は、大御所作家・本郷大作(鹿賀丈史)が執筆した小説の校閲に初チャレンジすることになって……!?

悦子が、小説の校閲に初チャレンジ!

はりきる悦子は、大御所・本郷の作品に対しても容赦ない校閲のチェックを入れるが、そのせいで担当編集者・貝塚が大激怒! すぐさま本郷のもとへ謝罪に向かうことになる。ところが、貝塚の心配をよそに、本郷は破天荒な悦子の仕事ぶりを絶賛。

気を良くした悦子は、「再校」段階で、どうしても気になる記述を確認するため、物語の舞台である立川へ自ら出向くことに……。現地で確認した悦子は、やはり小説の記述が間違っていると確信。同時に、偶然入った小さな写真館では、本郷が離婚した妻と一緒に写っている家族写真を見つけたのだった……。

すると、そんな悦子の行動を知った本郷が、激怒して「校閲部」に乗り込んでくる。本郷にとって、離婚した妻の話題は他人に触れられたくないタブーだったのだ!

河野悦子。略して「コウエツ」!

「二度と景凡社には書かない」と本郷に言われてショックを受ける悦子だったが、ここでクビになるわけにはいかない! なんとしても実績を上げ、ファッション編集部へ早く異動したい悦子は、貝塚に頼み込んで本郷に謝罪するチャンスを作ってもらうことに……。

そうして本郷のもとへ謝罪に向かった悦子は、そこで、小説の記述が間違っていた理由を知らされる。本郷は、離婚以来ずっと会っていない息子に向けたメッセージとして、あえて誤った記述をしていたのだ。

「余計なことをして誠に申し訳ありませんでした!」と謝る悦子だったが、本郷からは思いがけない反応が返ってくる。本郷は、悦子の指摘がきっかけとなって息子と再会することができたと感謝の言葉を述べたのだった。

「校閲を舐めていたな。河野悦子、略してコウエツか……天職かもしれんな」

イケメン大学生・折原幸人にひと目惚れ!

一方、ファッション編集部の登代子は、上司からイケメンモデルを探すよう命じられ、作家志望の大学生・折原幸人(菅田将暉)を発掘することに。仕事に情熱を見出せずにいる登代子だったが、アパートの立ち退き勧告を受け困っている幸人の姿を見ているうちに、ふいに興味を抱きはじめると、「住むところがないなら、ウチに間借りさせてあげようか?」と誘うのだった……。

けれどその後、悦子もまた、街で偶然すれ違った幸人にひと目惚れしてしまって……!?

次回第2話は、10月12日(水)よる10時より放送

恋に落ちた悦子が、書籍化される人気ブロガーの節約術ブログを校閲することになる次回第2話は、日本テレビ系で10月12日(水)よる10時より放送。お楽しみに!

石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 公式サイト(http://www.ntv.co.jp/jimisugo/)