水谷豊が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「相棒 season15」の初回2時間スペシャル「守護神」[2016年10月12日(水)よる8時から放送]に、「season14」で捜査協力を頑なに拒む警察嫌いの男を演じた浅利陽介が同じ役柄で再登場。彼は嫌いだったはずの警察官になり、冠城亘(反町隆史)の同期として、サイバーセキュリティー対策本部の捜査官に着任する。

浅利陽介演じる青木年男は、「season14」の第15話「警察嫌い」(脚本/輿水泰弘、監督/橋本一)に殺人事件の目撃者として登場し、犯行の一部始終に加え犯人の顔も目撃しながら、「日本国民に通報、捜査協力の義務はない」と言い放ち、警察への捜査協力を一切拒否した男。警察に嫌悪感を抱いているのは明らかだが、その詳細は父親が警察官だったということ以外、語られることはなかった。そんな青木が「season15」初回2時間スペシャルに、嫌いだったはずの警察官となって再登場。 警察学校で同期となった冠城亘を“数少ない友だち”と呼ぶなど、様々な場面で関わりを持つ存在になるという。

前述の「警察嫌い」では、捜査一課が、青木の持っている証拠のビデオ映像を押収するために別件で発行しようとした捜査令状を、亘が法務省の人脈を使って阻止。それが捜査妨害とみなされたことで、亘は法務省までクビに…。青木にとって、右京や亘は嫌いな警察官というだけでなく、結果的に事件解決に協力させられた、言ってみれば自分を罠にかけた相手。今シーズンでは警察官となって笑顔で2人になついてくる青木だが、その裏ではどんな感情を抱いているのか…。

再び青木を演じることについて、浅利は「結構気に入っていたので、また同じ役で出演できることはとても嬉しかったです。相棒のお二人にとって、嫌な青木として対峙できるのが楽しみ」とコメント。さらに、「水谷さんと反町さんのドラマにかける思いにはとても熱が籠っていることを再認識しました」と、再共演した水谷と反町の印象を語り、青木年男の第1話での見せ場を「青木の陰湿な部分をひた隠しにしながら明るく振舞っているところがアピールポイントです。青木の暗さを楽しんで頂きたいです」と意味深な言葉で表現した。

なお、右京と亘が青木が出会うきっかけになった「season14」のエピソード「警察嫌い」は、10月12日(水)午後3時55分から、テレビ朝日(関東ローカル)にて再放送されるので、気になる人はチェックをお忘れなく。ドラマ「相棒 season15」の最新情報については、公式サイトを参照されたい。

■浅利陽介 コメント

??『相棒』への再出演が決まったときの心境は?

『相棒season14』の青木年男役を結構気に入っていたので、また同じ役で出演できることはとても嬉しかったです。また、この役で水谷さん、反町さんのお二人と芝居できるのが楽しみで仕方ありません。相棒のお二人にとって、嫌な青木として対峙できるのが楽しみです。

??期間を空けて同じ役を演じるおもしろさ、難しさなどはありますか?

脚本に書かれる青木の警察嫌いを、職業も立場も変わった今、どう演じるか、どう膨らませるかを考えると演じる側としては力が入ります。お二人とどう絡んでいくか、どう勝負をするかを考えると楽しみです。

??再共演した水谷豊さん、反町隆史さんの印象を教えてください。

水谷さんと反町さんのドラマにかける思いにはとても熱が籠っていることを再認識しました。

??浅利さん演じる青木年男の第1話での見せ場、アピールポイントを教えてください。

青木の陰湿な部分をひた隠しにしながら明るく振舞っているところがアピールポイントです。青木の暗さを楽しんで頂きたいです。

■ドラマ「相棒 season15」

<初回2時間スペシャル「守護神」あらすじ>
 警察学校での研修を終えた冠城亘(反町隆史)が、晴れて警視庁の一員になる日がやってくる。しかし、配属先は希望の捜査部門ではなく、社美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める総務部広報課。
 一方、特命係の杉下右京(水谷豊)は、亘の人事について甲斐峯秋(石坂浩二)に経緯を問う。さすがに今の峯秋は、人事に介入できるほどの力はないと答えるが…。
 そんな中、捜査一課には人を呪い殺したと言う来栖初恵が出頭してくる。殺した相手はジムインストラクターの宮田太という男。確かに3日前、宮田は用水路で溺死を遂げていたが、現場検証の結果、事故死と断定されていた。
 自分を罰して欲しいと真剣に訴える初恵。しかし、たとえ初恵が本当に呪いで殺したのだとしても、現行法では逮捕することも罰を与えることもできない。伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)はそう初恵をなだめ、迎えに来た梶原脩斗とともに引き取ってもらうのだが、この奇妙な訴えに興味を抱いた右京は、一人で捜査を始めることに。
 右京が面会した初恵は、本気で自分が呪い殺したと信じ切っていた。なぜ、そこまで確信できるのか。右京は過去にも例があるのではないかと考える。その推理は的中。初恵はこれまで、宮田を含め3人を呪い殺してきたと驚愕の告白する! そして、それは青森に住んでいる祖母の影響なのだというが…。
 右京の動向を知った亘は、独自に過去の事件資料を入手。美彌子はそんな亘を見て咎めるかと思いきや、逆に右京の捜査に協力し報告せよ、と驚きの課長命令を下す。はたして、その真意は…!?

<season14/第15話「警察嫌い」あらすじ> ※2016年2月10日(水)放送済
 女子大生の色川真子(澄音)が自室マンションで殺される。室内のしつらえから学生にしては贅沢な暮らしぶりが見て取れたが、それもそのはず、真子は暴力団組長の娘だったのだ。
 事件のあらましを組織犯罪対策5課の角田課長(山西惇)から聞いた冠城亘(反町隆史)は、暇なこともあって捜査に興味津々。暇つぶしの種ではないとたしなめる杉下右京(水谷豊)をうまくけしかけ、連れだって現場のマンションへと向かう。
 検分の結果、捜査一課が見立てた、顔見知りによる単独犯行説を覆す材料はなく、右京は「我々の出る幕はない」との結論に至る。事件捜査を楽しみにしていた亘は少々がっかり。だが、その代わりと言っては余りある収穫を二人は得る。現場の向かい側にあるマンションに住む青木年男(浅利陽介)が、犯行の一部始終を目撃していたというのだ。
 ところが、青木は自分に義務はないとして捜査協力を完全拒否。警察に恨みでもあるのか、あるいはただのあまのじゃくなのか、目撃した内容を一切明かさない。
 その間に、捜査一課では3人の被疑者の身柄を拘束する。当初は全員が事件への関与を否定するが、伊丹刑事(川原和久)らの厳しい取調べの結果、今度は一転して全員が犯行を自供。異常事態に慌てた伊丹たちは、なんとかして青木の協力が得られないものかと訪ねていくが…。

公式サイト⇒http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/