天海祐希が初のシェフ役を演じることで話題になっている、木曜劇場「Chef〜三ツ星の給食〜」が、10月13日(木)よる10時15分からフジテレビ系でスタートする。初回となる第1話は、オーナーの陰謀で店を追い出されてしまった天才三ツ星シェフ・星野光子が、学校給食の調理師に…。まったく違う環境のなか、光子は不屈の精神で乗り切り、美味しい給食を作ることが出来るのか!?

フジテレビ連続ドラマ4年ぶりの主演を務める天海祐希が演じる天才三ツ星シェフ・星野光子は、男性社会ともいわれる料理の世界で、厳しい修行時代を、強靭な体力とタフなメンタルで乗り越え、名だたるフレンチレストランで修行し、数々のコンクールで優勝してきた実績の持ち主。帰国後は、銀座の有名なレストラン「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の総料理長に就任し、繊細な味覚と創造性で次々と新たなレシピを生み出し、世界有数のトップシェフまで上り詰め、レストランは三ツ星を獲得した。自分の料理に絶対の自信を持つ光子は、“自分の料理を残す客など世界に存在しない"とすら思っていた。

しかし、ある日、オーナーとの対立により、光子はレストランをクビになってしまった。そんな光子の次の仕事は…、なんと学校の給食作り。世界最高の料理を作ってきた光子にとって簡単なことかと思いきや、栄養・経費・味覚の違いなど、多くの壁にぶつかり失敗ばかり。それでも、子どもたちに「美味しい」と言ってもらうため、さらには失った三ツ星を取り戻すため、天才シェフ光子の戦いが、今始まる──。

第1話…天海祐希が天才シェフに!!

三ツ星レストラン「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の厨房では、副料理長らが出迎えるなか、総料理長・星野光子(天海祐希)は、スペシャリテの鹿の下ごしらえを始めることを告げると、そこへ、オーナーの篠田章吾(小泉孝太郎)が、雑誌の記者を引き連れて現れた。しかし、鹿を料理している光子の姿を見た篠田は激怒。なぜなら、篠田はゲストの料理評論家に、スペシャリテは鴨だと伝えていたのだ。やがて、店は開店の時間になり、予約客が案内されていったのだが、翌朝、光子の料理を食べた料理評論家が食中毒になったと聞かされる。信じられない光子だが、篠田から辞職を迫られ店を後にすることに。さらに、その食中毒のニュースは世界にまで発信され、これまでの評価はがた落ち、それまであった引き抜きの話も白紙となり、仕事が見つからない光子。

そこへ、テレビプロデューサー・矢口早紀(友近)から、新しい仕事先を紹介したいと光子に連絡が入った。新しい仕事場となる三つ葉小学校へとやってきた光子。しかし、そこで働く調理師・小松稔(荒川良々)らのやる気のなさに愕然とする。さらにそこには、栄養士兼調理師の荒木平介(遠藤憲一)がいて…。
三ツ星を失い、反骨心を燃やす光子は、子どもたちが食べたことのない本物の味を教えてやるとたんかを切る光子だが…。

第1話は、10月13日(木)よる10時15分より放送

三ツ星シェフのプライドをかけた学校給食作りが始まる──!! 木曜劇場「Chef~三ツ星の給食~」第1話は、フジテレビ系で10月13日(木)よる10時15分より、初回15分拡大スペシャルにて放送。おたのしみに!!

天海祐希主演「Chef〜三ツ星の給食〜」 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/Chef/)