原田知世×と斎藤工が出演するNHKドラマ10「運命に、似た恋」。10月14日(金)よる10時から放送される第4話では、ついに始まった香澄と勇凛の恋だったが、元夫の裏切りにより、香澄はシングルマザーの現実を突きつけられる。二人の恋は終わってしまうのか…それとも運命の二人は、どんな困難も乗り越えることができるのか!?

第4話あらすじ

若き一流デザイナー・小沢勇凛(斎藤工)に「あなたは僕のお姫様なんで…運命の人なんで…」と言われ、勇凛の気持ちを素直に受け入れた桜井香澄(原田知世)。
からかわれているのではない…勇凛は不器用なのだ。そう悟った香澄。

しかし、勇凛との幸せな時間は長くは続かなかった。

離婚した元夫・藤井洋治(小市慢太郎)が香澄の家を訪ねて来る。
洋治は、香澄と息子・桜井つぐみ(西山潤)と別れた後、若い女性と再婚したが、カメラマンの仕事はなく、度々香澄に金をせびりにやってきていた。
そんな洋治は借金を抱えており、ついには香澄の目を盗んで預金通帳を盗んでしまう。

香澄がクリーニング店でコツコツ働きながら貯蓄していったお金が、洋治によって奪われてしまった。
それは、つぐみの大学の学費でもあった。

もはや恋どころではなくなってしまった香澄は、目の前の現実から逃げることはできず、つぐみの為にもクリーニング店の仕事に加え、さらにビル清掃の仕事をする事にする。

そして、
生活に追われる香澄は、勇凛との連絡も絶つことに…。

勇凛は連絡が取れなくなってしまった香澄をなんとか見つけ出すが、二人の住む世界の違いに、香澄は「短い間だったけど、いい夢見させてくれてありがとう」と言って…。

第4話は、10月14日(金)よる10時から放送

香澄は勇凛の気持ちを受け入れ、付き合いが始まるのだが、香澄の離婚した元夫・藤井洋治(小市慢太郎)が香澄のキャッシュカードを盗んで貯金を使ってしまう。
勇凛との連絡も断ち、クリーニングの仕事に加え、ビルの清掃の仕事を始める香澄だったが…。
第4話は、10月14日(金)よる10時からNHK総合にて放送。

原田知世×斎藤工「運命に、似た恋」 公式サイト(http://www.nhk.or.jp/drama10/unmei/)