関根勤・篠田麻里子・横尾渉(Kis-My-Ft2)がMCを務める『ペットの王国 ワンだランド』10月16日(日)午前9時30分からの放送は、片目を失った災害救助犬と動物のしっぽの役割を特集する。

青森県に住むラブラドールレトリバーの文太。災害救助犬として2011年の東日本大震災の際にも貢献したのだが、その後悪性腫瘍が見つかり、左目を摘出することに。しかしそのハンディを飼い主も驚かせる捜索意欲で克服、災害救助犬の更新試験に合格し、今も現役で活躍している。番組では、青森県嘱託警察犬としても活動をしている文太や、仲間の捜索犬たちの訓練の様子などを追う。

動物ごとにさまざまな役割があるという「しっぽ」について解説するのは、古脊椎動物研究所代表・犬塚則久先生。役割が面白いというクモザル・ウマ・キツネ・カバ・チーターを紹介する。中でも、カバがしっぽをグルグル回転させて行うという「ある習性」には、MC陣が驚きの声をあげる。

この『ペットの王国 ワンだランド』は10月16日(日)午前9時30分〜10時にテレビ朝日系で放送される。