沢村一樹主演、日本テレビ系列ドラマ「レンタル救世主」。10月9日(日)よる10時から30分拡大で放送された第1話は、同僚に騙されて借金を背負い、会社までクビになった明辺悠五(沢村一樹)が、レンタル救世主を職種とする会社に再就職する。で、レンタル救世主ってナニ?

レンタル救世主とは、期間限定、料金加算方式の支払いにより、「あなただけの救世主」を借りることができるサービス。「レンタル」サービスにつき、期間中のみの関係であと腐れなし! 秘密厳守! どんなお困り事も救います! 「助けて欲しい…、でも頼める人がいない…」。そんな町のお困り顔を笑顔にする画期的なサービス。元いた会社をクビになり、そんな会社に再就職した明辺悠五(沢村一樹)は、果たして街の救世主になれるのか!?

あまりにも騙されやすい男、それが明辺悠五

日本の大根おろし市場を独占する会社を作ろう! という元同僚・柿本信也(梶原善)の言葉を真に受け、連帯保証人になってしまった明辺は、当然のごとく騙されてしまう。残ったのは1億円の借金だけ。会社もクビになってしまい、妻の紫乃(稲森いずみ)に事実を告げられない明辺は、ハローワークで見つけた「レンタル救世主」という会社の面接を受けることに。面接官の黒宇社長(大杉漣)に「なんでもやります! 残りの人生を懸けて御社で働きます!」と熱意を伝えると、見事一発合格! 早速最初の仕事に取り掛かる。

えっ、命がけなの!?

最初のお仕事はなんと人質の救出。そんなの警察の仕事でしょ! という当然の疑問も無視され、明辺は現場へ向かうことに。人質が拉致されている倉庫についた明辺だが、あっという間に犯人に見つかり捕らえられてしまう。何の役にも立たず、犯人から鞭打ちの刑に処されていると、今度は本当に救世主が登場。それこそ、あっという間に犯人どもを叩きのめすと、人質の百地零子(志田未来)と薫(稲葉友)を救出した。彼こそレンタル救世主の葵伝二郎(藤井流星)で、自分が一番カッコよく見えるタイミングで救出する姿を自撮りするのが趣味のナルシスト社員だった。

命懸けだったのに、何の役にも立たなかった明辺は落ち込むが、黒宇は「その情けない姿をネットにアップすると宣伝になる」と前向き。家に帰っても妻の紫乃にクビになったことを告げられなかった明辺は、黒宇が明辺の背負った借金を肩代わりするというウルトラCもあり、黒宇に肩代わりしてもらった借金を返すため、そして家族を守るため、レンタル救世主社員として働くことになった。

零子のつぶやきが気になる

葵が零子たちを救出した自撮りをネットにアップしていた。それを見ていた明辺は葵の背後に映っている零子が、救出されたことを恨むように「なんで助けてくれたの?」と言っていたことが気になっていた。葵が零子の通っていた高校の後輩から聞いた話によると、零子はお金持ちの家の子で、兄もIT長者。優秀な人間ばかりで自分の居場所がなく、家出をして安アパートに住みながらデパートの苦情処理係として働いているが、上司からセクハラされていることが判明。誘拐されたのは実家へ身代金を要求するためだったのだ。
明辺と葵は零子のアパートを訪ねる。「助けて欲しいことがあるなら素直に言って」と話すが、零子から出た言葉は「一人でできるから付きまとわないで!」だった。

言いたいことがあっても言えない。明辺には、そんな気持ちが痛いほどわかる。自分だって紫乃に本当の事を言えない。妻と娘の夢を壊すようなこと、情けない自分をさらけ出すようなことは言えないのだ。案の定、今夜も家で本当の事を言えなかった。家族でハワイ旅行することを夢見ている2人に「会社をクビになったからハワイに行けない」なんて言えるわけないよー!

零子の叫びを聞け!

翌日、明辺が事務所の窓外に目をやると、零子の姿が! だが、そこまで来ていながら踵を返してしまう。慌てて追いかける明辺の眼の前で、再びあの誘拐犯が零子を拉致して去って行った。事務所に戻った明辺は、自分が依頼人になるので零子を救出して欲しいと黒宇に依頼する。もちろん黒宇はOK。こうして零子救出作戦は幕を開けた。

まずはメカニック担当の紀伊ロイ(勝地涼)が携帯の電波から零子の居場所を特定。明辺が救出に向かうが、レンガで頭を殴られて、気を失ってしまう。明辺を倒した男はなんと、零子をセクハラしていたデパートの上司・辻本だった。捕らわれた明辺は、耳の痛みで意識を取り戻す。辻本は明辺の耳をそぎ落として、零子の耳と偽って実家に送りつけ、身代金を奪おうとしているのだ。
零子は自分の耳を切ってと叫ぶが、辻本は聞く耳を持たない。逆に「困った時は言ってねって言ったよね。でも君は助けてと言わなかった。言ってくれたら誘拐なんてしなかったのに」と嘯いた。辻本の言葉に反応したのは明辺だった。助けてって思ってても言えない人間はいる。零子もそうだし自分もそうだ。こんな状況になったのは全部自分のせい。だから、これ以上人に迷惑かけないように、ずっと一人でいれば…。でも、それは間違いだ。助けてほしかったら我慢しなくていい。人を助けてありがとうって言われて喜ぶ人もいる。叫べば救世主が来るよ、と。

明辺の言葉が零子の魂に響いたのか、ついに零子が心の奥底に隠していた本心を吐き出していく。「家族は才能に溢れてるけど、私には何もない。助けて…こんな私でもいいなら助けて! 救世主がいるなら助けて!」ラップ。ラップでしか本音を語ることができない零子。自分を卑下し、呪い、ひっそりと生きることを選んだはずの零子が、ついに本音を曝け出した。その瞬間、壁が爆発! 葵が泣きながら登場! 「今のを聞いて、泣かない奴がいるかー!」と、犯人たちをボコボコにして一件落着となった。

零子もメンバーに加わって…

無事解決して事務所に戻ったメンバー+零子。依頼主の明辺に200万円の請求が行くところ、自分が救ってもらったのだからと、零子が支払うと宣言。その代わり、レンタル救世主に自分も雇って欲しいと言う。もちろん黒宇は大歓迎。こうして新メンバーも加わったレンタル救世主は、次週もバンバン難題解決しちゃう…はずだ。

今週の驚きは志田未来のラップ!

ラップじゃないと本音が言えないって、俳優としてはすごいシバリだと思う。でも志田未来は果敢にチャレンジ。何度も練習したであろうラップ+魂の演技で感動のシーンに仕上げてきた。さすがに毎週ラップシーンがあるとは思えないが、あと何回かは見ることができるはず。成長の度合いを楽しめそうだ。

次回第2話は、10月16日(日)よる10時30分より放送

ココリコ遠藤章造と武田真治がストーカー? 第2話は日本テレビ系列で10月16日(日)よる10時30分より放送。

沢村一樹主演「レンタル救世主」 公式サイト(http://www.ntv.co.jp/renkyu/index.html)