新垣結衣が主演をつとめるドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の原作コミック最新第8巻が10月14日(金)に発売された。

ドラマはTBS系火曜よる9時より放映中。契約結婚、 高齢童貞、 就職難といった現代の社会問題がちりばめられた「痛快すぎる契約結婚ラブコメディ」で、新垣結衣が契約結婚という訳アリ新妻役を、星野源が“契約夫”役を演じている話題作だ。

■『逃げるは恥だが役に立つ』ストーリー

森山みくりは院卒だけど内定ゼロ。 派遣社員になるも派遣切り。
見かねた父親のはからいで、父親の元部下で独身の会社員・津崎さんの家事代行として働き始めた。良好な関係を築くも、みくりの実家の都合で辞めなくてはならないことに。
そこで、現状を維持したいふたりが出した結論は、就職としての結婚(契約結婚)だった。

最新刊ではみくりの伯母の百合ちゃん(52歳・高齢処女)と風見さん(20代・イケメン)の関係に変化が…。そして契約夫婦・みくりと津崎さんの別居生活の行方は?最新第8巻の展開は見逃せない。

また、『逃げ恥』の魅力がわかる特集も公開中。原作者の海野つなみのコメントも掲載されている。

■【特集記事公開中!】逃げ恥婚は今の時代の理想かも!?

http://news.kodansha.co.jp/20161013_c01

■『逃げるは恥だが役に立つ』(8)(KC Kiss)

著者:海野つなみ
定価:429円(税別)
発行:講談社