月9初主演となる山田涼介が、何をやってもダメだと思われ、周りから認めてもらえない青年役を演じることで話題となっている新月9ドラマ「カインとアベル」が、10月17日(月)夜9時から、フジテレビ系でスタートする。これまで兄と比較され続け、なにかと諦めていた優。そんな優が、1人の女性と出会い、社運をかけたビッグプロジェクトに挑むことになるのだが…。

「僕はアニキから、ぜんぶ奪ってしまうのかな──」。主人公の高田優(山田涼介)は、父・貴行(高嶋政伸)の経営する「高田総合地所株式会社」で、一社員として働いている。しかし、貴行は、幼いころから成績優秀でエリートな兄・隆一(桐谷健太)ばかりを目にかけ、優には無関心。認められたいと願いつつも、半ば、父や兄に対して諦めに近い感情を抱いていた。そして、職場でも副社長の兄と何かと比較され、他の社員たちからも、いつも冷ややかな目で見られる存在だった。貴行の期待も隆一に集中し、会社の重要な案件に優の意見が求められることも一切ない。そのことは優自身もわかっている。

一方、隆一も、父の期待に答え認められたいと思い、必死に文武両道の鑑のような人生を歩んできた。しかし、心のなかでは、いつも完璧でいなくてはならないというプレッシャーと戦い続けていた。そんな、弟と兄の確執、そして恋愛など、複雑に絡み合っていく「カインとアベル」。この時代に生き、悩み、恋するすべての人に届けたいヒューマンラブストーリーとなっている。

第1話…兄弟の運命を変える、ひとつの出会い

「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーが行われている会場、しかし、その席に高田優の姿がない…。優の兄で、副社長の隆一は優を探しに行くことに。優はこの日も会場から離れ、一人で飲もうとしていた。
シャンパンを飲もうとした優が、栓を開けたそのとき、ある女性にシャンパンがかかってしまった。慌てて謝る優。その女性と飲んでいると、社員に見つかった優は、会場に連れ戻されてしまう。貴行のスピーチの間も、優は貴行と比較ばかりされていた幼少期を思い出していた。

次の日、優は担当している土地の買い上げを地主が取りやめようとしていることを知らされる。地主に会いに行く優だが、取り付く島もない。だが、会社に戻ると、なぜか地主から売ることにしたと連絡が入った。裏で隆一が動いたため、地主の考えが変わったのだ。そんなできない優だが、アウトレットモール開発のプロジェクトチームの一員に選ばれた。これも隆一の一声のおかげだと知った優は、素直に受け取れないながらもプロジェクトルームへ行くと、あのパーティーの時に会った女性・矢作梓(倉科カナ)がいた。本社に異動してきたばかりだという梓は、チームのメンバーとして、消極的な優を励ましていく。そして優は、慣れないながらも大きなプロジェクトに取り組むことになるのだが…。

第1話は、10月17日(月)夜9時より放送

兄弟の葛藤。仕事も恋もすべて奪い取れ!! 第1話は、フジテレビ系で、10月17日(月)夜9時より初回15分拡大スペシャルにて放送。おたのしみに!!

山田涼介主演「カインとアベル」 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/CainandAbel/)