10月17日発売の週刊誌『AERA(アエラ)』(株式会社朝日新聞出版)にて、「日本人とセックス」が大特集される。

安倍晋三首相の妻、昭恵さんの「子のない人生」インタビューが大きな話題となった同誌が、今度は「日本人とセックス」に真正面から取り組む。

特集では、 パートナーのいる20〜60代の男女500人にアンケートを実施。「パートナーとのセックス回数や時間」「セックスの満足度」「不倫の経験」「自慰行為の有無」「子あり世帯のセックス」などを赤裸々に尋ねていく。その結果、「日本人は、セックスは好きだけど、 できていない」という実態が見えてくる。

まさに理由は人それぞれ。 『AERA』ならではの綿密な取材と洞察で、 日本人の“歯がゆいセックス”に迫る大特集。 「草食系」や「セックスレス夫婦」など単純なレッテル貼りだけでは見えて来ない真実がここに明らかになる。

■AERA (アエラ) 2016年10/3号

【「SEX特集」おもな内容】
○パートナーがいる20〜60代500人アンケートで見えた真実
・20代前半女性「セックス好き」9割なのに男性は6割の衝撃/男性の性欲は50代で“V字回復”

○性生活の満足度、 初体験…“発展県”はココだ!

○女性のホンネ匿名座談会「セックスは好きだけど、 結婚の決め手じゃない」

○男性に増える疑心暗鬼「本当に俺の子?」

○会話できるセックスロボット、 VRセックス……欧米発 驚異の最新ビジネス

○TENGA松本浩一社長×評論家・湯山玲子さん対談
「性的に豊かな人のほうが人間的に魅力」

○本誌30代女性記者が20代男子にズバリ聞く 「どうして性欲ないの?」


定価:390円(税込)
発売:2016年10月17日(月)