日南響子をご存知だろうか。12歳でモデルとしてデビューし、グラビアや映画、音楽活動など幅広い活動をする彼女の10代を切り取ったデジタル写真集『PROTO STAR 日南響子 vol.3』について、その魅力を紹介する。

ニコモ出身の大注目美女・日南響子

2006年にティーン・ファッション誌『ニコラ』のモデル“ニコモ”としてデビューした日南響子(ひなみ きょおこ)。その後ファッション誌『non-no』の専属モデルや映画『七つまでは神のうち』の主演を務め、同映画の主題歌を担当するなど、マルチに活動している。2015年にはニコモ出身者としては沢尻エリカ以来となるヌードを『週刊プレイボーイ』誌上で披露し、自身“最初で最後”と話すヌード写真集『SAI』を発売するなど話題となった。

10代のお宝ショット満載『PROTO STAR 日南響子 vol.3』

写真集『PROTO STAR 日南響子 vol.3』は、2013年に発売された日南響子のデジタル写真集。10代の彼女の貴重なショットが多数収められている。
PROTO STARの公式ブログによれば、当時から彼女の美形ぶりは、他の事務所の関係者が“カワイイ!”と感嘆するほど群を抜いていたのだとか。そんな当時のエピソードにもうなずける、正統派美少女の微笑が本作には詰まっている。

黒髪ロングがキュート! 正統派制服美少女

『PROTO STAR 日南響子 vol.3』の中で日南響子が纏っているのは、高校の制服風の衣装。黒髪のロング・ヘアと、ぱつんと切り揃えた前髪の清楚な制服美少女の姿は、世の男性が妄想する女子高校生の姿そのものではないだろうか。そんな彼女が見せる憂い顔やテーブル越しににっこりと微笑みかけてくるカットは、永久保存版の美しさだ。中にはマグカップのドリンクをフーフーと冷ますような日常のヒトコマ風のショットもあって、日南のキュートな表情を様々な角度から楽しむことができる。

若さ弾ける健康美も日南響子の魅力

表紙と同じ、ベアトップの衣装でのカットも収められている。制服姿よりも露出が多めのカットだが、セクシーなサービス・ショットというよりは、若さが眩しい、健康美を感じさせるものとなっている。ショート・パンツから大胆に露出した美脚とデコルテは、カメラ越しでも張りがあることが伝わってくるようで、思わず手を伸ばしたくなる質感。10代という限られた年代だけが持つ輝きが切り取られたカットは必見だ。

類稀な美少女ぶりでデビュー当時から注目され続けてきた日南響子。『PROTO STAR 日南響子 vol.3』は、その魅力を存分に感じることができる秀作だ。ぜひ手にとって彼女の魅力に触れてみてほしい。