music.jpにて2016年10月17日付の週間テレビドラマ再生ランキングが発表された。「闇金ウシジマくん Season3」から首位を上手い返したのは「真田丸」。10月編成の連ドラを抑えて堂々の首位返り咲きを果たした。

10月編成の連ドラが続々と登場してくる季節になってきた。先陣を切って「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」と「逃げるは恥だが役に立つ」の2本がランクイン。今度も続々と登場してくるはずだが、すでに強さを予感させるのが「ドクターX〜大門未知子〜」だ。シリーズ新作がオンエア直前ということもあり、なんと過去3シリーズが予習効果でランクイン。新作への期待度が相当高いことがうかがえる。来週初登場は間違いないところだが、その順位に注目したい。

■週間ドラマランキングTOP10

第1位 真田丸

※戦国時代の名将・真田幸村の生涯を描く大河ドラマ。武田家の武将だった真田昌幸は武田家滅亡の後、周囲を織田、上杉、徳川、北条などの大国に囲まれながらも、その知謀を持って家を守っていた。偉大なる父の背中を見ながら成長していく幸村の物語。

第2位 闇金ウシジマくん Season3

※山田孝之が闇金社長に扮して超底辺に生息する人間たちに金を貸す。悪には鉄槌を。しょうもない人間だが愛すべき奴らにはギリギリの救いの手を。ありえない高金利にも救いがあるのか? 人気シリーズの第3作。

第3位 仮面ライダーウィザード

※日食の日、ファントムという魔物を生み出す儀式に巻き込まれた青年が、魔法使いとなる資格を得て、ウィザードライバーとウィザードリングを与えられ、仮面ライダーウィザードとなってファントムと戦う。

第4位 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

※夢のファッション雑誌編集者になるために出版社へ入社した河野悦子だが、配属させられたのは地味な校閲部。スーパーポジティブな悦子は、3ヶ月できっちり結果を出し、編集部へ異動してもらうと目標を立てるのだが…。

第5位 べっぴんさん

※裁縫が下手なすみれは、入院中の母・はなへのプレゼントにと、ハンカチに刺繍を施すが、上手くできずに悔しい思いをする。改めて母に刺繍のハンカチを作ったすみれは、母の喜んだ顔を胸に、もらった人が嬉しいと思える「べっぴん(別品)さん」を作る人になりたいと誓い、戦後の焼き跡の中で子ども服作りに邁進する。

第6位 TVドラマ「闇金ウシジマくん Season2」

※山田孝之演じる闇金のウシジマが、様々な欲望にとりつかれて金を借りに来る「後がない人々」にカネを貸し、しっかりと取り立てていく。

第7位 ドクターX〜外科医大門未知子〜(2014)

※「私、失敗しないので」の名セリフでおなじみの、米倉演じる異色・孤高・反骨の天才フリーランス外科医・大門未知子が新たな旋風を巻き起こす!今回彼女が派遣されるのは「国立高度医療センター」。あの失敗しない女・大門未知子が史上最大の戦いの扉を開く??。

第8位 ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2013)

※術式が確立されていないために成功率が低い手術を好んでする外科医のことを医師たちは皮肉を込めてこう呼ぶ…それがドクターX。その一人である大門未知子は、帝都医科大学付属病院の本院で腕をふるいながら、病院内に巣くう巨悪と対峙していく。

第9位 ドクターX〜外科医・大門未知子〜

※専門医のライセンスとたたき上げのスキルを武器に、失敗しない女・大門未知子が国内最高峰の大学病院で権力と戦っていく。「目の前の命を救う。それを自分の命ある限り、続けるだけ」という確固たる信念で突き進む未知子は、降りかかる難題をどう裁くのか?

第10位 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

※職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくりが、恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡の家で家事代行をすることになる。ところが、その仕事も無くなる可能性が出てきたことで、みくりは 「仕事としての結婚」。つまり妻として家事代行業を行えないか平匡に提案すると、なんと平匡が乗ってきて…。

------------------
その他のランキングが気になる方はmusic.jpで確認しよう。

■週間ドラマランキングTOP10作品