テレビ朝日系列ドラマ 土曜ワイド劇場「広域警察8」が、1月14日(土)よる9時から放送されます。前作から約1年、シリーズ8作目となる今回は、河口湖〜富士山〜土肥温泉と広域に跨る事件の真相に迫ります。資産家姉妹の遺産相続のドロドロを描きつつ、高橋克典演じる主人公の広域捜査官・東圭太とゲスト出演の本田望結との絡みも、楽しみな展開です!

10年前の恋人との再会

広域捜査課の東圭太(高橋克典)は、課長の高村順一郎(大杉漣)とともに、高村の娘・美咲(石川理咲子)が講師を務めるバレエ教室の発表会を訪れると、そこに偶然居合わせた生徒の沢村百合(本田望結)は、東の顔を見て動けなくなってしまいます。百合に見覚えのない東でしたが、母親の沢村加奈子(今野麻美)が目の前に現れると驚愕。
加奈子は東が10年前に付き合い、ある日突然去ってしまったかつての恋人だったのです。

「ママを殺した犯人を捕まえて!」

その翌朝、百合は自宅で何者かに殺された加奈子を発見します。心配して駆けつけた東、美咲、高村が百合を引き取ろうとすると、現場検証中の神奈川県警・岡林良一管理官(鶴見辰吾)が、なぜか戸惑いを見せます。百合は、発表会会場で加奈子と言い争う岡林を見たと言い、さらに捜査を進めると、加奈子と岡林が同じ山梨・河口湖町の出身であることが判明します。
東は、どうしても犯人を突き止めたいという百合を連れ、加奈子の姉妹がいる河口湖町へ向かいます。

骨肉の遺産相続争い

加奈子の養父である沢村健人(伊吹吾郎)は、地元でホテル経営などを手がける有名な資産家で、秘書の寺坂和夫(松澤一之)によると、姉・美沙(中山忍)と妹・美雪(北川弘美)は、父親の資産をめぐって骨肉の争いを繰り広げているということでした。実際に東が2人から話を聞くと、互いが加奈子を殺した犯人だとなすりつける有様。しかもその翌日、美雪が美沙を刺すという事件が勃発します。

東と百合、合流した高村が父親のいる土肥温泉に逃げた美雪を追いかけると、そこに管轄外であるはずの岡林管理官の姿がありました。東らを邪魔者扱いする岡林に高村は疑惑の目を向け、事態は一触即発の状態に…。

土曜ワイド劇場「広域警察8」は、1月14日(土)よる9時より放送

共演は、大杉漣、鶴見辰吾、中山忍、伊吹吾郎ほか。かつての恋人を殺したのは誰なのか!? 東が元恋人の娘の無念を晴らします!
土曜ワイド劇場「広域警察8」は、テレビ朝日系列で1月14日(土)よる9時より放送です。

土曜ワイド劇場「広域警察8」公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/contents/story/0026/