稲葉友・超特急らのグラビアが多数掲載されている『BEST SHOT JUNON ’16-’17』。雑誌に掲載されたことのない写真が多く、貴重なショットが豊富な点が特徴となっている。イケメンに癒されたい女子は必見だ。

2016年を代表する12組が勢揃い

AAAのメンバー・與真司郎が一番手を飾る『BEST SHOT JUNON ’16-’17』。『MARS〜ただ、君を愛してる〜』に出演した稲葉友や、数々の舞台で主演を務めたことのある小越勇輝、D-BOYS所属の志尊淳が登場する。
また、AAAで活躍する末吉秀太、数々の作品に引っ張りだこの菅田将暉、音楽ユニットのDa-iCE・超特急・DISH//の姿も掲載。さらに、月9に出演した三浦翔平や、人気声優の宮野真守も名を連ねる。
2016年の話題をさらった男性たちの姿に、目が釘付けになること請け合いの作品だ。

昨年特に人気を博した俳優3人のショット

イケメンばかりが揃った『BEST SHOT JUNON ’16-’17』。中でもおすすめなのは、昨年見事ブレイクを果たした3人の俳優。
稲葉友は、ボーダー柄のニットを着用して白いソファに寝そべるショットを披露。眼鏡をかけてウインクするものや、アンニュイな顔の写真も載っている。笑顔で猫と戯れている様子など、さまざまな表情の稲葉を楽しめる作品だ。
笑顔が魅力的な志尊淳はと言うと、最初の見開きページでは愁いを帯びた大人の表情。ダメージ加工がされているシャツとジーンズを着用しており、ワイルドな印象を受ける。可愛らしい寝顔やセクシーなショットもあり、見応え抜群だ。
菅田将暉の写真は、上記の2人のものとは少し異なり、着用している衣装の数が多い。赤と黒のジャージ、赤い帽子とモッズ・コートの組み合わせなど、彼の恰好良さを際立たせるファッションが楽しめる。

さまざまな表情を見せてくれる超特急

ももいろクローバーZが持つ遺伝子が受け継がれたグループ・超特急のショットもバリエーション豊か。
彼らの写真は、輪になったメンバーが写った2枚のショットから始まる。右のページには目を閉じて眠っている様子を撮影した写真があり、左のページにあるのは目を開けて笑顔をカメラに向けている写真だ。
そのほか、メンバーがそれぞれのイメージ・カラーを使用した衣服を着用して写っているものも。さらに、白いバラを持ったショットではクールな表情を見せている。

『BEST SHOT JUNON ’16-’17』に掲載されているショットは、どれも満足度が高いものばかり。ゆえに、何度も観返したくなる作品となっている。観てみたいと感じた人は、ぜひ購入してみてはいかがだろうか。