根強い人気が続く『ワンピース』。2016年12月2日に発売された最新刊の83巻には、828話「1と2」、829話「海賊『四皇』シャーロット・リンリン」、830話「賭けられる男」、831話「不思議な森の冒険」、832話「ジェルマ王国」、833話「ヴィンスモーク・ジャッジ」、834話「おれの夢」、835話「魂の国」、836話「ローラがくれた命の紙」、837話「ルフィvs.将星クラッカー」、838話「チョニキ」が収録されています。気になるネタバレも含みながらご紹介します。

ルフィ一行はサンジの許嫁であるプリンと出会う

カカオ島のショコラタウンに降り立ったルフィとナミ、チョッパー、ブルック、キャロット、ペドロたち。その島にいたのは、サンジの許嫁と言われているプリンでした。プリンは四皇の1人であるシャーロット・リンリンの娘の1人で、すでにサンジと会った後でした。

しかしサンジは女好きとして知られているにも関わらず、美女であるプリンとの婚約を望んでいないことがわかります。サンジはルフィたちとの冒険を望んでおり、プリンとは結婚できないと考えていたのでした。そのエピソードに胸を打たれたルフィは、サンジを取り戻すためシャーロットと直に会うことを決めます。

四皇の1人であるシャーロット・リンリンのもとを訪れるジンベエ

ルフィはプリンに教えてもらったルートをもとに、「ビッグ・マム」と呼ばれるシャーロットが住むホールケーキ・アイランドを目指します。その島はシャーロットが治める島ですが、クロカン・ブッシュと呼ばれるお菓子がないことで癇癪を起こしていました。そのお菓子を食べないと、自分が治める街や実の息子さえも壊してしまうのがシャーロットです。

そんなシャーロットの暴走を抑えたのが、ルフィとも親交のあるジンベエでした。ジンベエはルフィこそ海賊王になると信じており、シャーロット海賊団を抜けてルフィたちに協力することを許してもらうために、彼女のもとを訪れていました。

サンジの家は「戦争屋」であることが判明

プリンを振ったサンジは、父親であるヴィンスモーク・ジャッジが治めるジェルマ王国にいました。サンジの家は戦争屋をしており、父親や兄弟は戦争に介入することを生業にしていたことがわかります。

サンジはプリンの許嫁としてジェルマ王国に捕らわれており、自分の父親であるヴィンスモーク・ジャッジと対面します。サンジは父親から見放されて育てられており、深い確執があることも判明します。

シャーロットがいるホールケーキ・アイランドへ

サンジを助けるために、ルフィはホールケーキ・アイランドを訪れていました。しかし、そこには不思議な森が広がっており、ルフィたちはシャーロットたちの部下であるランドルフやシャーロット・ブルレ、クラッカーたちと戦闘することになります。

さらに、森はシャーロットの能力である「ソルソルの実」で作られたホーミーズと呼ばれる不思議な生き物たちであふれ返っていました。強敵の予感しかしないシャーロットたちの戦いが、これからさらに大きくなることが予想されます。

今回は『ワンピース』の83巻について、ネタバレを含みながらご紹介しました。四皇との闘いがついに始まりますが、ルフィがどのように対峙するのかが見どころです。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。