富士通は1月13日、マーケティング専業のエンゲージメントマーケティングプラットフォームを開発・提供する米Marketoと協業し、同社のマーケティングオートメーションプラットフォーム「Marketo」の導入支援コンサルティングサービスを同日より提供すると発表した。

またあわせて、富士通のデジタルマーケティングに関する製品・ソリューション体系「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」(以下、「CX360」)内のビジネスマネジメントプラットフォームと「Marketo」とを連携させる新機能を開発し、「Marketo」でのメール、Webパーソナライズ、広告連携などの機能を活用した施策実行と各種マーケティング施策を組み合わせた効果測定の一元管理を実現するという。

協業では、Marketoとサービスパートナー契約を締結し、「Marketo」の導入から定着のノウハウやマーケティング、SIの実績を活用した「Marketo」の導入支援コンサルティングサービスを提供。

そして、富士通のマーケティングフレームワークを通じて、データ分析に基づいたターゲット顧客、ターゲット商材・サービスの選定、カスタマージャーニーに基づくコンテンツ、チャネル選定を行うことで、MAの効果を引き出す戦略立案を支援するほか、CRMやCMSなど複数ソリューションとMAを連携させたデジタルマーケティング全体設計を行う。

また、MA導入の経験を持ったスペシャリストが「Marketo」の導入から運用、定着までをトータルで支援する。

新機能開発では、Marketoとテクノロジーパートナー契約を締結し、「Marketo」と富士通の「CX360」の中で提供しているビジネスマネジメントプラットフォームを連携させた新機能を開発する。

また、「Marketo」から取り込むデータに加えて、Adobe AnalyticsやGoogle AnalyticsなどのWebログ、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアのデータを組み合わせたマーケティングダッシュボードを「CX360」のビジネスマネジメントプラットフォーム上に実装するほか、「CX360」のビジネスマネジメントプラットフォームでの分析結果を、「Marketo」に自動連携させる仕組みを構築する。