ミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務める人気アクション・シリーズが、映画化第6弾『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)でついにコンプリートする! 完結編では、ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(=ゾンビ)化した元凶アンブレラ社との最終決戦に決着がつくようだ。

完結編を手掛けたのは、これまで妻のミラと共に『バイオハザード』シリーズを手がけてきた、公私共にベスト・パートナーといえるポール・W・S・アンダーソン監督だ。日本から、アリスと共に戦う女戦士役でローラが参戦したということで、日本のファンはより一層色めき立っている。

ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビューし、本作の見どころやポール・W・S・アンダーソン監督と歩んできた軌跡について話を聞いた。

――完結編ということで、監督の熱意はこれまでと違いましたか?

ポールは映画を撮影する度に、より集中力が増してきたと思う。例えば暖かくて明るい太陽のように、レンズの焦点を合わせていくと火事になるような火が起こるでしょ。まさにそれがポールと『バイオハザード』の関係性よ。彼のヴィジョンはさらにくっきりとしていったし、燃えているのよ。撮影中の彼は森林火事のようで、毎日興奮していて情熱的だったわ。

――ハリウッドデビューしたローラと共演した感想を聞かせてください。

ローラは面白いしとてもおしゃれだし優しい女性だわ。でも、仕事に対してはプロフェッショナルなの。だから現場で彼女のエネルギーや才能を見ることは大きな喜びだった。彼女がガンを持って戦うのは初めてだったけど最高よ。ローラは強い女性で、現場では誰もが彼女を尊敬したの。だから彼女と共演することはとても楽しかったわ。

――今回、50匹くらいの犬(ケルベロス)が一気に登場し、アリスを追いかけるシーンがあるそうですね。そのシーンでのエピソードを聞かせてください。

実は現場にはたった1匹の犬がいただけなの。それなのに私たちは、あたかも50匹の犬があらゆる所から襲って来るかのように反応しなければならなかった。隅にいるスタッフの男性が、犬がどれだけ大きいのか、どれだけ高くジャンプするのかを役者たちに指示を出してくれるんだけど、それがなんとも可笑しくて、私たちはいつも大笑いしていたわ。ロケ地が大理石の採石場で、夜だとクレーターみたいに見えたの。まるで隕石がそこに衝突したような感じで、素晴らしい現場だったわ。

――南アフリカでのロケはいかがでしたか?

南アフリカは真冬だったからひどく寒かったの。全員が夜を通して一本の小道を走って往復しなければならなかった。その小道が終わりのないように見せかけるためにね。キャストたちはたくさんのブランケットをまとい、熱いお湯が入っている瓶を抱えていたわ。まさか夜通し走るとは思ってもいなかったから、誰にとっても最もチャレンジングな週だったわ。本当に軍隊の訓練みたいだった。そして霧の中を走って泥まみれになっていると、突然霧の中からブラウニーとイチゴをたくさん載せたトレーを持ったアシスタントが現れた。その時だけは超非現実的だったわ。

――さらにそこで冷たい湖に飛び込むシーンがあったそうですね。

ジャクジーを設置したテントもあったけど、男性陣が泥だらけの衣類やブーツで飛び込んだからお湯がとんでもなく汚くて、女性たちは入れなかったの。でもあれはこの映画の最も素晴らしいシークエンスだった。本当にダイナミックで、アクションがいっぱいあって、すごく怖いシーンよ。全てやりがいがあって、今となっては良い思い出になったわ。

――完結編ということで、エンディングが気になるところです。

とても感情的なエンディングとなったわ。1作目でアリスが目覚めた時、自分が誰なのか、どこにいるのかが分からなったでしょ。本作の最後にアリスが自分のことを知った時、私自身もとても感情的になったわ。だって、私の人生において15年間もこの映画と共にしてきたんだから。すごく感動的だったけど、これから観る人にはエモーショナルな映画だと思ってほしくはないの。完結編は楽しませるホラー映画にしようとしたけど、やっぱり終わりは難しかったわ。私たちは何年もアリスと共に過ごしてきたけど、やっと彼女が自分のことを知った時に映画が終わるの。それは本当に寂しいことだった。お別れを言うのは本当に辛くて、ポールも私も胸がいっぱいになった。きっとそのことは私の表情からも伝わってくると思う。

――妻ではなく、女優としての視点から見たポール・W・S・アンダーソン監督の素晴らしい点を教えてください。

細部まで行き届いているところかしら。彼はあらゆるプロジェクトに対して多くの時間やエネルギーを費やしている。その点を尊敬しているの。彼はとても多くのことを自身の経験に基づいて進めていくわ。彼が映画を撮る度にだんだん腕を上げ、どんどん経験を積んでいく姿を私はずっと見てきたから。私は彼が作家として成長し、より創造的になっていくのを感じていたの。ただ、より独創性を増している分、リスクも背負っているわ。彼はいろんな面で私を感動させてくれるの。

また、彼と一緒に仕事をすると、みんなが口をそろえて彼のことをとても好感の持てる人間だと言ってくれるような気がする。例えば、撮影の準備段階で、いや映画の撮影時でさえめったに姿を見ない監督だってたくさんいるの。でも、ポールは常に現場にいるわ。彼はいつも最初に来て、最後に帰る人なの。みんなが彼をとても尊敬しているし、彼もまた誰に対しても敬意をもっている。彼は批判的なことを言う時でさえ、相手が向上したいと思えるようにと、丁重に、そして愛情を込めて言うのよ。

――映画『バイオハザード』の15年という歴史は、監督と二人三脚で歩んだ歴史でもあります。その中で一番楽しかったことと苦労したことを教えてください。

一番楽しかったのはこのシリーズで素晴らしく楽しい時間を過ごせたことよ。ポールはよく私たちが初めて出会った時のことを話すわ。オーディションの時、私が大きなトラックで乗り付けてタバコを吸っていたことを覚えているみたい。彼に出会った日が私の人生で一番幸せな日となったの。

もちろん大変な時もあったわ。3作目の撮影中にポールのお父さんが亡くなったの。ポールは制作中にイギリスに行かなければならなくて本当に大変だったの。彼はお別れを言う間もなかったのよ。

振り返ってみると、『バイオハザード』のアリス役を演じられたことはとても楽しかったし、人生の中で最も面白い経験だったわ。アリスみたいな象徴的なキャラクターを何回も演じさせてもらって、人を楽しませることができたことに感謝しているの。私の最後のお願いは、もう一度だけこの『バイオハザード』完結編を観て、興奮、恐ろしさ、情熱と、絶叫マシンのようなスリルを楽しんでほしいということね。

■プロフィール
ミラ・ジョヴォヴィッチ
1975年12月17日、ソビエト連邦キエフ生まれ。9歳でモデル・デビューし、その後トップ・モデルとして活躍。『トゥー・ムーン』(1988年)で映画デビュー。1997年のリュック・ベッソン監督作『フィフス・エレメント』で注目される。1999年に再びベッソンと組んで『ジャンヌ・ダルク』に主演し、女優としての地位を確立。2001年に主演を務めたアクション大作『バイオハザード』が大ヒットし、本作を含めたシリーズ6作に出演した。私生活では、『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンの妻でもある。