●私たち、「8/pLanet!!」です!
『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』……。アイドルを主軸に置いたスマートフォン対応のリズムゲームは、今や様々な種類のものが配信されている。そんななか、パズルゲームなどのアプリを開発するクロノスによるアイドル×音楽ゲーム『8beat Story♪』(エイトビートストーリー)が、2016年5月に誕生した。

今回は本アプリについて、登場キャラクターを演じる声優の社本悠、金魚わかな、吉村那奈美にインタビュー。ゲームの魅力、そして「ゲームに出てくるキャラクターと、現実世界でも会える&ふれ合える」をコンセプトとしたアイドルグループ「8/pLanet!!」(ハニープラネット)として活動する彼女たちが抱く想いと夢を伺った。

○キャラクターは自身と誕生日も同じで、3人にそっくり!?

――今回は『8beat Story』のことや演じられているキャラクターのことに加え、ご自身たちのことについてもお伺いできればと思います。初めに、『8beat Story♪』とはどういった作品でしょうか。

社本 はい!『8beat Story♪』、略して『エビスト』は、アンドロイドたちの音楽が中心になってきている世界で、「生の歌声を届けることでしか生まれない感動を広めたい!」という想いを持つ女の子が集まってアンドロイドに音楽でバトルを挑んでいく、というストーリーです。女の子たちは、「音の杜学園」という学園に集まった、学年も性格もバラバラな8人で、みんなそれぞれに夢や目標を持っています。プレイヤーさんはこの8人をまとめる学園の先生になっていただき、彼女たちがライブバトルで勝利するためのアシストをしていただく、といったゲームです!

――壮大なストーリーですね!

金魚 そうなんです! でも配信されて4カ月ほどのコンテンツなので、まだ始めていらっしゃらない先生方(プレイヤー)でも、追いついていただけると思います。これからの展開も見逃せないのでぜひ!

――ゲーム性についてもお伺いしてよろしいでしょうか?

吉村 ゲームシステムとしては、8つのボタンを使ったリズムゲームを楽しみながらメインストーリーやキャラクター個別のストーリーを進めていくという流れです。リズムゲームの難易度はEASY、NORMAL、HARD、EXPERT、MOTHERの5つがあります。私もゲームをやっているのですが、EXPERTまではクリアできるようになりました! MOTHERはなかなか難しいですね……。

――元々リズムゲームが好きなんですか?

吉村 かわいい女の子もリズムゲームも好きなので、よくやっています。しゃも(社本)とはいくつか同じリズムゲームをやっていて、休憩中に話をしたりします。

社本 そうですね。あっ、もちろん私も『エビスト』やっています! 『エビスト』は私が出ているからということで、お母さんもやってくれてて! でも、あんまり得意じゃないみたいで、よくミスをして、私が演じているキャラクターから「ごめんなさい」って謝れると言っていました。「なんか娘に謝られている……」と変な気持ちになるみたいです(笑)。

――ご家族ならではの悩みですね(笑)。金魚さんはリズムゲームは?

金魚 私も『エビスト』はやっています! でも、他のリズムゲームはあんまり……。というより実は、電子機器があまり得意じゃないんです。なので、みんなに追いつくのに必死です(笑)。

――ははは、頑張ってください! 続いて演じられているキャラクターについてお伺いできればと思います。それでは……。

社本 はい! 私からいきます! 私が演じているのは、桜木ひなたという女の子です。「音の杜学園」に通う8人の女の子からなるユニット「8/pLanet!!」(ハニープラネット)のセンターを務めています! ただ、周りを引っ張っていくリーダーという感じではなく、自然と周りをまとめられるタイプの子です。天然でほんわかしていて、それでいてドジ(笑)。その辺りも含めてすごくかわいい子です。

――アイドルらしい要素がたくさん詰まっている子のように感じます。

社本 そうですね! ひなたは元々アイドルが好きでずっとアイドルになるのを夢見ていた子です。まだまだひよっ子ですが、よろしくお願いします(笑)。

――思わず、応援したくなるタイプですね! 続いては、金魚さんお願いできますか?

金魚 私が演じているのは姫咲杏梨ちゃんです。学年は3年生で、メンバーの中ではセクシーで大人な感じの立ち位置です。ただ、そのセクシーさも日々の研究で成り立っているという、実は健気な女の子です。もう一人の3年生である橘彩芽ちゃんと2人でセットになることが多いですね。

――歌声なども少し大人だなという印象を受けます。最後に吉村さん、お願いできますか?

吉村 私は、趣味が音楽編集と動画配信という、引きこもり体質な性格の源氏ほたるを演じています。学年は1年生です。ほたるちゃんは趣味が趣味なので、みんなと比べてアイドルらしさがあまりない子ですが、ライブが始まったらテンションが上がって誰よりも前に出ちゃいます。自由な子ですが、自分のなかでやりたいことはしっかりしている、といったタイプの子ですね。

――なるほど。いろいろな個性を持つ子が集まっていますね。プロフィールを見ていて気になったのですが、みなさん、演じられているキャラクターと誕生日が同じですよね?

社本 そうなんです!

――誕生日以外にもキャラクターと共通しているな、似ているなという部分はございますか?

社本 アイドルに憧れているという部分はひなたと似ていますね。今でもアイドルの歌を聴いたり、MVを見たりしているので、共通する部分だなと思います。ゲーム内のストーリーでひなたが「こういうアイドルになりたい!」と想いを口にすることがあるんです。それが私にはすごく共感できて。

――共感できる部分がたくさんあって演じやすい?

社本 そうですね。私自身が感じることをそのまま演技で表現できるので、演じやすいと思っています。

――逆に、ひなたにあって自分にはないと思う部分はありますか?

社本 ひなたって自然と甘えることができるんですよ。先生(プレイヤーさん)などに何が欲しいとかサラッと言えちゃうんです。そういう「甘える」ことは、私があまりできないことで。なので、甘えるシーンの収録にも苦労しました。でも私にはできないことをひなたはできるから、見習わなければという気持ちで収録しました。

――自分にはない部分も理解しつつ、ひなたを演じているんですね。では、次に金魚さんはどうでしょうか?

金魚 私は運動音痴なところが似ていると思います。杏梨ちゃんはファッションなどのオシャレをすることは得意なのですが、肝心の歌とダンスが少し苦手なんです。私も特にダンスが苦手なので、共感できますね。

社本 えぇ〜!? 苦手って本当に? 一緒に練習していてもあんまり感じないけど……。

金魚 杏梨ちゃんが3年生でみんなの先輩だから、努力しているんです!(笑)。

――なるほど。実は努力家という一面も杏梨と共通する部分のように感じます。

金魚 そう言っていただけると嬉しいです!

社本 あと金魚ちゃんって、服装が杏梨ちゃんに似ているよね。

吉村 というか、最近は似せてきているでしょ(笑)。

金魚 実は(笑)。レッスンに来るときは気持ちを少しでも杏梨ちゃんに近づけたいので、格好から入るようにしています。

――少しでもキャラクターに近づこうとする姿に「愛」を感じます! 続いて、吉村さんは演じているキャラクターと似ているなという部分はございますか?

吉村 私自身はほたるちゃんとあんまり似てないと思っていたんですけど……。

社本 いや、似てる、似てる!

吉村 ……という具合に周りからは似ている、そっくりと言われることが多いです。何も考えてない無の状態のローテンション、ライブ中のハイテンションがまさに吉村そのものだよ! と言われるんです。

――周りから言われるということは、かなり似ていそうですね。

吉村 周りから言われるようになってから、確かに引きこもりがちなところや、夜遅くまで起きて朝が苦手な部分とか、ほたるちゃんと共通する部分も結構あるなと感じるようになりました。ほたるちゃんみたいに「ふにぃーっ!」とは言わないですけどね(笑)。

●私たちの「歌」一度聞いてみてください!
○「歌」へのこだわり

――3人が、演じられているキャラクターに近いものを持っているということがよくわかりました! 続いて、「8/pLanet!!」のことについてもお伺いさせていただければと思います。ゲーム内に登場するグループというだけでなく、みなさんも同じユニット名で活動されていますよね?

社本 そうなんです。ゲーム内に登場する8人のキャラクターを演じる声優たちが集まって、ライブ活動などを行っています。

金魚 実はユニット名も自分たちで意見を出し合って決めたんです! あれからみんなの距離が一気に縮まった気がする。

社本 最初はよそよそしかったよね。

吉村 うん。いろいろな事務所さんから集まってきているので、初めて会う人もいて。緊張したね。でもあそこからいろいろな意見を出せるようになった気がする。

――これから一緒に活動していくユニット名をみんなで考えることで、絆が芽生え始めたんですね。しかし、ユニット名の字面だけ見ると、初見の人はなかなか読めなさそうですね。

社本 た、確かに……。初めての人は読めないですよね。ごちゃごちゃしてて。

――それだけにインパクトがあると思います! ユニット名にはどういう想いが込められているのでしょうか?

吉村 色々な意見が出るなか、やっぱり作品にちなんだものがいいということで、「近未来」という『エビスト』の舞台を表現できるユニット名が採用されました。「/」が入っていたり、「!!」が入っていたりするのには、そういう意図があって「8/pLanet!!」になりました。

社本 略して読みやすいのもポイントでした! 皆さまにはぜひ「ハニプラ」と呼んでいただければと思います!

――「8/pLanet!!」もとい「ハニプラ」はとてもオシャレでセンスのある名前ですね。ちなみに、どなたが考案されたのですか?

社本 水瀬鈴音役の吉井彩実ちゃんです。あやみんは、何かを決めるときにはいつもオシャレでセンスのいい意見を出すんです!

金魚 言葉の選び方がすごいよね。

吉村 しかもそれが鈴音っぽいんです! どの意見もセンスがいいし、かわいい。

――3人の口ぶりから吉井さんのセンスの良さが伺えます。しかし、ユニット名もみなさんで考案されたとなると、コンテンツの立ち上げから結構関わっていらっしゃるのですね。

金魚 運営の方々が私たちの意見も尊重してやっていきたいと言ってくださって。私たちにとってはとても嬉しいことで、貴重な経験をさせていただいていると思っています。

――なかなかできない経験ですよね。それだけにコンテンツにかける想いも強くなると思います。オーディションのときからコンテンツを作り上げていくことにも関わっていくと伺っていたのですか?

吉村 ここまで関わるとは伺っていませんでした。むしろ結構ざっくりな説明だけでオーディションを受けた記憶が……。

2人 うん(笑)。

吉村 でも、「歌」という部分はオーディションでとても重要視されていたと感じています。グループとして活動していくというお話もしていただいていましたし、何より「音ゲー」というのが大前提にあるので、どれだけ演じるキャラクターとして歌えるか、という部分はしっかりジャッジされていたと思います。

――オーディションのお話を伺う限り、「歌」や「音楽」という部分には並々ならぬこだわりがあるようですね。

社本 演じている私たちもこだわりは感じていますし、実際、どの楽曲もオススメしたいです! レコーディングの度に仮歌を聴かせてもらうのですが、毎回「こんなすごい曲を歌わせてもらえるのか!」と感動してしまいます。また、新曲発表があるたびに先生方の反響もすごくて……。嬉しい言葉をたくさんいただきます。

金魚 それが励みになるよね。

――現在配信されている20近くの楽曲はすべてオリジナルですよね。みなさんはどの曲が一番お気に入りですか?

金魚 私は、「先手必勝スマイル」という曲です。疲れたときに聴くと元気がもらえます。歌詞に込められた想いが「届いて!」というのがすごく伝わってくるので好きですね。この曲、自分は歌ってないんですけどね(笑)。

社本 自分で歌ってない楽曲というのが、リアル(笑)。でも、なんか、すごく嬉しい。

吉村 私も「先手必勝スマイル」いいなと思う。というより好きな曲がありすぎる……。でも選ぶとすれば「BoyFriend」かな。楽曲も歌詞も少女漫画チックでかわいい。あと、振り付けも好き。曲の随所にクラップがあってライブでも盛り上がれる曲っていうのもいい。……もう全体的に好きです。

――楽曲に対する深い愛を感じます(笑)。

吉村 あとは最近、限定楽曲で配信された「Count It Down」もお気に入りです。この曲は、可愛い・カッコいいどちらかに振り切っていない、今までにない新しさを感じました。ポップで可愛いんだけど、カッコいい、といった感じがします。この曲は、金魚ちゃんと一緒に歌っています。

金魚 歌詞に恋愛要素も入ってていいよね。

吉村 もう、話が止まらなくなる(笑)。好きなことに関するスイッチが入るといつまでも喋っちゃう。

社本 やっぱり、ほたるちゃんそっくりだね。

――今まさに「ほたるちゃん」らしさを感じましたよ(笑)。社本さんはどの曲がお気に入りですか?

社本 私は「トキメキの15センチ」です。ひなたとほたるちゃんと、アンドロイドのメイちゃんの3人で歌っています! この曲のメロディーがすごく好きです。

吉村 わかる。

社本 歌詞にもすごいこだわっていただいていて、ブログで先生方には説明させていただいたのですが、歌詞にストーリー性があるんです。レコーディングの前に歌詞の意味を教えていただいたとき、とてもときめく曲だなと思ったんです!

――中でも注目してほしいポイントは?

社本 曲の最後に「あのね…」とつぶやくセリフです。そこの表現方法にすごく苦戦して。おそらく、地球上で「あのね…」と一番たくさん言ったのは私だと思います(笑)。

――一番だと思えるくらい、リトライされたのですね。

社本 でも、それだけ大切にしたかったんです。この曲は元々、ひなたがメインの曲だよっていただいた曲だったので、私の精一杯でひなたを表したかった。どうやればひなたで可愛く伝えられるのか、改めて考えさせられた曲です。好きですね。

――言葉の節々から大切にしたい気持ちが伝わってきます。さきほどセリフで苦戦されたと伺いましたが、そのほか、歌う上で苦労されていること・工夫されていることなどはございますか?

社本 似ている部分や共感できるところが多いので、ひなたとして歌う上で何か特別に苦労しているということはあまりないです。むしろ、歌よりセリフのほうで悩むことが多いです。

金魚 私はしゃもちゃんとは逆に、普段の声のトーンから杏梨ちゃんと違うので、まずトーンを低くするようにしています。音域が出ないときがあるので、必死に練習しています。あと、「セクシーさ」を表現することも少し難しさを感じています。私自身はそういうのとは無縁の生活を送ってきたので、どうしても作ろう、作ろうと意識してしまって。自分自身でしっくりこなかったり、指摘されたりすることがあります。意識しすぎず、でもセクシーさを忘れないように心がけています。

吉村 ほたるちゃんとして歌う上で常に気を付けているのは、彼女のテンションを意識することですね。実は最初、普段とライブで彼女のテンションが180度違うので、どう歌っていいのかわからず困惑していたんです。そんなとき、スタッフの方々に「吉村が思うほたるちゃんで上げるなら上げる、下げるなら下げる、そこでテンションを作っていけばいいよ」…って言われて。それからようやく歌えるようになってきました。ただ、ほたるちゃんってテンション上がると結構、声を張るんですよ。張ったまま歌うのが難しく、また、音域の問題もあって今も少し難航しています(笑)。

●『8beat Story』をもっと大きくしていきたいんです
○ダンスにもこだわる声優アイドルユニット、それが「ハニプラ」

――2016年9月24日にはそんな「歌」を披露する初ワンマンライブ「8 beat Story♪ 8/pLanet!! 1st LIVE 〜先生!ライブはじまっちゃうよ!〜」が行われますね。

金魚 今回のライブは、何というか、とにかくすごいです。

吉村 6月12日にタワーレコード渋谷店さんで行った「ファンタジア」リリースイベントより5段くらい上回ります。

――まだ3カ月ほどしか経っていないのに5段も! なんだかものすごいライブになりそうですね。見どころはどういったところでしょうか?

吉村 まず、ダンスに注目してほしいです。「ハニプラ」のダンスって、結構激しめなんですよ。「ダンスのクオリティも高いユニットだぜ」って思ってもらえるよう、頑張って練習します。

社本 全体を通して、歌とダンスのパフォーマンスを見ていただければと思います。何が飛び出すのかわからないMCも含めて。

金魚 吉村が暴走したらマイクを切ってしまうシステムなんかもあったり(笑)。

吉村 喋りたいモードのスイッチが入らなければね、大丈夫なんだけど……。スイッチ入ると止まらなくなっちゃうからなぁ。「あっ、消えた」ってならないように気をつけます。

――歌、ダンス、MCといろいろな見どころがありそうですね! では、それぞれのライブに対する意気込みを教えてください。

社本 見終わった後に余韻を感じるライブにしたいと思っています。もう一回「ハニプラ」に会いたいとか、次のイベントを早くやってほしいと思ってもらえると嬉しいですね。今回の1stワンマンライブは始まりのライブだと思っています。昼・夜どちらの部も、最後の最後まで、来てくださる先生方も、私たちも一丸となって、ひとつの気持ちで楽しめればいいなと思います!

吉村 私はしゃもが言っていたように、見てくださる先生方も、私たちも楽しかったって終われるライブが理想形だと思っています。なおかつ、型にはまらない、弾けるところは弾けて、「ハニプラ」よかったね、って言われるようなライブにしたいです。そして、私たちのことをもっと知ってもらいたいな。

金魚 二人が言ってくれた通り! あとは個人的な要望なのですが、リリースイベントでそれぞれが自己紹介しているとき、サイリウムの色を変えてくださっている方がいて。その景色を今回も見たいなぁーって思っています。ぜひサイリウムを持って、グッズのタオルとTシャツを買って、フル装備で臨んでください(笑)。

――宣伝上手! 最後に今後『8beat Story』と「8/pLanet!!」をどういうコンテンツ、グループにしていきたいか、夢や目標を教えてください。

金魚 「8/pLanet!!」としての目標は、武道館!!

社本 いい! 行きましょう! あとみんなの出身地を巡るツアーをやりたいです。私たち出身地が全員バラバラなんですよ。

――8都市を巡るツアーですか! なかなか今まで見たことがない動きでとても面白そうです

吉村 いろいろな方にも会えるし、ぜひやりたいです。「音ゲー」って今、すごく人気のあるコンテンツがたくさんあると思うんです。その中で『エビスト』も「ハニプラ」もまだまだ成長段階ですけど、少しでも多くの方に応援してもらえるようにしたいなと思っています。まだプレイしたことがない方はぜひプレイしてほしいです! とりあえずゲームを触っていただいて私たちの想いを感じていただければと思います。入るところはどこでもいい。作品を愛してもらえたら、それでいいです。

金魚 本当に曲がいいので、私たちもライブ活動を通じて、『エビスト』を広めていけたらなと思います。ライブでは夢のような空間を提供するという意気込みがありますので、一緒にその時間を過ごしていただければと思います!

社本 『エビスト』のお話をいただいたとき、「絶対にこのコンテンツを大きくするぞ!」と決めたんです。とにかくコンテンツを大きくしていきたいという気持ちが強いです。まだまだ未熟な私たちですけど、頑張っていきます。みなさんの応援が私たちの力になります!ぜひゲームをプレイしてみてください!

○社本悠・金魚わかな・吉村那奈美サイン色紙プレゼント

■応募期間:2016年9月23日から2016年10月23日まで
■内容: 社本悠・金魚わかな・吉村那奈美サイン色紙
■当選人数:1名様

■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.ハッシュタグ「#社本悠_金魚わかな_吉村那奈美サイン色紙プレゼント」と、本記事タイトルとURLを付けてツイート(コチラをクリックするとツイートリンクに飛べます)。

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。
※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■当選条件:日本国内にお住まいの方 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。
(1)個人情報取扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取扱および安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。

(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ メディアコミュニケーション事業本部 ニュースメディア事業ユニット 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp

(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

(C) Chronus Inc. All Rights Reserved.