公開初日を迎えた映画『真田十勇士』の舞台あいさつが22日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の中村勘九郎をはじめ、松坂桃李大島優子永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也、大竹しのぶ、堤幸彦監督が出席した。

激しい雨が降りしきる中、多くの観客が来場して初日舞台あいさつが行われたこの日は、壇上に中村勘九郎らキャスト陣と堤幸彦監督が勢揃いし、主演の中村が「今日は雨の中、沢山の方にお越しいただきましてありがとうございます。いよいよ今日から公開されますが、本当にこのメンバーで『真田十勇士』が撮れたことを誇りに思います。本当に大勢の方が来てくださったことがうれしいです」と感謝の言葉を述べた。

大島も「男の生き様を見ていただきたいと思います。真田十勇士が本当に格好良くて、堤監督のすべてを詰め込んだ作品となっております。もっともっとたくさんの方に見ていただきたいので、近所の方やご友人の方にお伝え下さい」とアピールし、堤監督も「舞台から始まって、ここまで来れたことを幸せに思います。今同時に『真田十勇士』の舞台もやっております。違うベクトルでやっていますが、舞台を見た後に映画を見るのもいいし、映画を見た後に舞台を見てもいいし、それぞれご覧になっても相当面白い作品になっていると自負していますので、広まっていければと思っています」と自信を見せた。

劇中では、猿飛佐助(中村)ら真田十勇士の活躍のほかに、火垂(大島)が霧隠才蔵(松坂桃李)に密かに思いを寄せるシーンや、淀殿(大竹)の真田幸村(加藤)への好意も描いている。これにちなみ、「キャストの中で魅力的だったのは?」という質問に、期待する男性陣をよそに、大竹しのぶと回答した大島。その理由として「ご一緒できてすごくうれしかったんです。本当に幸せな時間でした。目の前で大竹さんの寝ている姿を見入っていて、寝顔をずっと観察している時間が楽しかったです」と明かすと、大竹は「すごくうれしいです。最初は怖がっているのかなと思ったら、初日から色々とお話ができてすごく仲良くなれましたよね」と笑顔だった。

舞台版と同時期に公開される本作は、2014年に上映された堤幸彦演出、中村勘九郎主演の舞台『真田十勇士』の劇場版。戦国末期を駆け抜けた真田幸村と彼を支える真田十勇士の活躍を描く。