歌手で女優の酒井法子(45)が22日、東京・ディファ有明でデビュー30周年記念コンサートを行った。

酒井は冒頭で、「こんばんは! いよいよ始まりました。今日という日が来てしまいました!」とあいさつ。「30周年、アニバーサリー記念コンサートにお越し頂き誠にありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝え、「緊張しますね。16年ぶり、一夜限り、今宵限りのコンサートだ〜!」と16年ぶりとなる単独公演の心境を語った。

また、会場名にもなっているDiffer(これまでとは違う)にちなんで、「今までとは違った新たなステージを切り開きたいなと思って、今日は一生懸命やりたいと思っています」と気合十分。「今日はお祭りなので、みなさん踊らされちゃって下さい! 取るか取られるかなら、取って帰って下さい! よろぴくぴく〜!」と"のりピー語"を交えて場内を盛り上げた。

この日は、前日に発売になったばかりのベストアルバム『The Best Exhibition 酒井法子30thアニバーサリーベストアルバム』に収録された代表曲30曲のメドレー含む、全23曲を披露。同アルバムがファンによるリクエストアンケート方式で選ばれた30曲であることから、会場に集った1,300人の観客にとっては貴重な機会となった。

終演後には報道陣の取材に応じ、コンサートが実現したことへの感謝や根強い人気を誇るアジア・中国圏のファンに向けた感謝の言葉と共に、愛息からは本番直前に激励のメールをもらったことを報告。ステージ衣装のミニスカートを今でもはきこなす秘訣を聞かれると、「足だけでなく喉も含めて、筋肉は鍛えることで成長するんです」と日頃からトレーニングに励んでいることを明かした。

また、「ひとつひとつ頂いたお仕事を大切にしていきたい」と抱負を述べ、「来て下さった方も来られなかった方も、これからも暖かく見守って頂けたらと思います」とコメント。最後は、「のりピー、マンモスうれピーでした!」と元気よく"のりピー語"で締めくくった。